2回戦で154kmマーク星稜・奥川に阪神熱視線 懸念されるのは“藤浪の悪夢”

星稜・奥川恭伸を阪神タイガースが熱視線 藤浪晋太郎を巡り育成力を高校球界が懸念も

記事まとめ

  • 星稜・奥川恭伸は立命館宇治との2回戦で途中出場し史上2位タイの154キロをマークした
  • 奥川を最上位候補としていると報じられた阪神の育成力を高校球界が疑問視しているそう
  • 「藤浪晋太郎は大谷翔平と双璧になると思ったのに。選手を預けられない」と強豪校監督

2回戦で154kmマーク星稜・奥川に阪神熱視線 懸念されるのは“藤浪の悪夢”

2回戦で154kmマーク星稜・奥川に阪神熱視線 懸念されるのは“藤浪の悪夢”

六回にタイムリーを打たれる奥川(C)日刊ゲンダイ

星稜(石川)が13日、立命館宇治(京都)との2回戦で14安打6得点。6―3で5年ぶりの3回戦進出を決めた。

 1回戦で完封したドラフト1位候補・奥川恭伸(3年)はベンチスタートだったが、3点差に詰め寄られた六回の、なおも2死一、二塁の場面でマウンドに上がった。「打たれたらヤバいと思った」と先頭打者に適時左前打を許したものの、七、八回は無失点。八回には史上2位タイの154キロをマークした。「出たのはうれしいけど、指にかかっていなかった。どちらかというと悪い球」と冷静だった。

 “虎の恋人”だそうだ。

 前日12日に49校全てが初戦を終えた後に開かれた阪神のスカウト会議で、「奥川を最上位候補として確認した」とサンケイスポーツ電子版が報じたのだ。

 西日本のある強豪校の監督が声を潜めてこう言う。

「阪神は人気球団ではあるけど、送り出す側からすると印象はあまり良くない。大阪桐蔭時代に春夏連覇を達成したあの藤浪がストライクが入らずに苦しんでいる。同い年の大谷(エンゼルス)と双璧の凄い投手になると誰もが思ったのに、一体、何をどうしたらあんなふうになってしまうのか。とても怖くて選手を預けられません。そんな高校、多いと思います」

 阪神の育成力が高校球界に疑問視されているというのだ。それだけに「阪神だけはやめてくれ」が奥川周辺の関係者の願いではないか。阪神は藤浪を1位で獲得した翌年から岩貞(横浜商大=2013年)、横山(新日鉄住金鹿島=14年)、高山(明大=15年)、大山(白鴎大=16年)、馬場(仙台大=17年)、近本(大阪ガス=18年)と6年連続で大学、社会人選手の1位指名が続いている。

 高校野球の現場では「阪神さんはいつも通り、1位は即戦力にして」が本音のようだ。

関連記事(外部サイト)