大谷65打席連続HRなし 二線級投手続く7連戦が量産チャンス

大谷65打席連続HRなし 二線級投手続く7連戦が量産チャンス

9月は大谷の一発を期待できない(C)ロイター/USA TODAY Sports

エンゼルス・大谷翔平(25)が本塁打から遠ざかっている。

 7月27日(日本時間28日)のオリオールズ戦第2打席で15号を放ったのを最後に、65打席連続で一発が出ていない。メジャー移籍後は、昨季の5月18日レイズ戦の第1打席から、7月7日ドジャース戦の4打席目まで61打席連続が最長だった。8月15日(同16日)のホワイトソックス戦に「3番・DH」で出場し5打数2安打と直近6戦で5度のマルチ安打を放ったものの、本塁打ブランクでは自己ワーストを更新してしまった。大谷は、ここまで84試合に出場し、304打数90安打の打率2割9分6厘、49打点(15日終了時)。

 とはいえ、大谷にとってホワイトソックス戦(アナハイム)とレンジャーズ戦(敵地アーリントン)7連戦は本塁打を量産する絶好のチャンスだ。

 ホワイトソックスは今後、ジオリート(12勝6敗、同3.42)、シーズ(2勝5敗、同5.54)の右腕が先発予定。実績があって安定しているのは2年連続2ケタ勝利のジオリートだけだ。レンジャーズは左腕アラード(1勝0敗、同4.50)、右腕パヤノ(1勝1敗、同3.86)、左腕マイナー(11勝6敗、同2.90)の3人。マイナー以外の2人は今季が実質1年目だ。大谷にとって決して手ごわい相手ではない。

 エンゼルスは9月に入れば、地区優勝がかかるヤンキース、アストロズ戦の他、ワイルドカードでのポストシーズン進出の可能性のあるアスレチックス、インディアンス戦を控えている。相手バッテリーは長打のある大谷との対戦を執拗にマークするだけに、一発は見込めそうにない。今回の7連戦は二線級投手の失投を捉える最後のチャンスになる可能性が高い。

関連記事(外部サイト)