マーリンズ・イチローが同僚選手と交錯し右膝と腰を故障、反射神経が衰えたか

記事まとめ

  • マーリンズ・イチローがキャンプ序盤、守備練習で同僚選手と交錯し右膝と腰を痛めた
  • 飛球処理を確認する練習中で、両者とも互いに声を掛け合っていた中で起きた事故だった
  • 相手が事前に視界に入っていてよけきれなかったなら、反射神経が衰えたとする分析も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております