西武・秋山が海外FA権取得 球団慰留もメジャー挑戦重視か

西武・秋山が海外FA権取得 球団慰留もメジャー挑戦重視か

五回、1死満塁で逆転の2点打(C)共同通信社

権利を取得したその日にお立ち台に上がった。

 20日、メジャー志向の強い西武の秋山(31)が海外FA権を取得。五回1死満塁のチャンスで逆転2点タイムリーを放ち、「(先発の)ニールが頑張っていたので、あのチャンスだけはと思っていた」と話した。

 20日現在、打率.310、48打点、15本塁打。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「複数球団が興味を示すと思います」と、こう続ける。

「秋山に期待されるのは高い出塁率(.402)を生かした1番打者、チャンスメーカーとしての役割です。守備位置は中堅か左翼でしょう。メジャーには1番打者で悩む球団がいくつかある。インディアンス、カージナルス、マリナーズ、ダイヤモンドバックス、レイズ、パイレーツなどがそうです」

■「2年約8億5000万円」

 金額はどうか。

「秋山は来季開幕直後に32歳になる。メジャーは年齢にはシビアなので、どんなに高くても2年800万ドル(約8億5000万円)、あるいは2年500万〜600万ドルプラス3年目はオプションで400万ドルくらいでしょう。『それなりに欲しい』という意味では需要が多いが、目玉というわけではない」(前出の友成氏)

 渡辺GMはこの日、秋山と話をしたことを認めたうえで、「チームに欠かせない選手ということは伝えた。(条件)提示などもこれから。球団として恥ずかしくない数字は見せる」と言った。

 西武は16年オフの岸(楽天)、昨オフの菊池(マリナーズ)、浅村(楽天)と主力の流出が止まらない。フロントにすれば更なる移籍は阻止したいだろうが、周囲の関係者たちによれば秋山は「カネよりメジャー挑戦という夢を重視している」という。昨オフの契約更改では、今季が最終年となる3年契約の延長を提示されながら拒否している。

 秋山の今季年俸は2億3490万円。それからどれだけ上積みがあろうと、メジャーを選びそうな雲行きだ。


関連記事(外部サイト)