U18日本代表“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川が抱える数々の不安

U18日本代表“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川が抱える数々の不安

星稜の奥川恭伸と大船渡の佐々木朗希(C)日刊ゲンダイ

この2人で本当に世界一を狙えるのか。

 20日、計12カ国が参加するU18ワールドカップ(8月30日開幕)の日本代表メンバー20人が発表された。目玉は投手の二枚看板である奥川恭伸(星稜)と佐々木朗希(大船渡)だ。

 この日、夏の甲子園準決勝・中京学院大中京(岐阜)戦に先発した奥川は、7回無失点の好投で履正社(大阪)との決勝(22日)進出に貢献。合宿は22日にスタートするが、これにより奥川は2日ほど遅れて代表へ合流する。

■「疲れ方が違う」

 高校日本代表は2016年のアジア選手権以降、優勝から遠ざかっている。代表を率いる永田監督(前報徳学園監督)は「今回は勝たないといけない」と並々ならぬ意欲を見せており、悲願の金メダルを獲得するには両右腕の活躍が重要なカギを握りそうだ。

 今大会、いまだ自責点ゼロという抜群の安定感を誇る奥川は、1次ラウンド(8月30日〜)で重要な試合となる米国戦で先発するプランもあるというのだが、甲子園の決勝まで勝ち進んだことで、その風向きが変わるかもしれない。代表首脳陣の中には早くも、「奥川が決勝まで行けば、心身ともに疲労が蓄積する。甲子園後の状態次第では“使わない”という選択肢も頭に入れておかなければいけない」と、懸念する声が上がっているというのだ。

「奥川抜きで優勝できるほど甘くないことは重々承知ですが、永田監督には昨年、吉田輝星(金足農)や根尾昂(大阪桐蔭)らを擁しながら、3位に終わったアジア大会のトラウマがある」

 とは、高野連関係者。

「昨年は金足農旋風を巻き起こした吉田輝星をエース格とし、1次ラウンドの韓国戦、台湾戦という重要な試合に投入したものの、2試合とも打ち込まれて優勝を逃した。吉田は夏の予選から一人で1517球を投げるなど疲労が蓄積。合宿期間中はノースロー調整にせざるを得ず、体重が増えるなど調子を落としていた。奥川は吉田とは違い、甲子園ではここまで計385球。登板間隔も初戦の旭川大高戦から中5日、中3日、中2日ときて、決勝は中1日で臨む。連投がない上に、球数も疲労度も吉田ほどではないにせよ、本人は大会期間中、『大舞台になると疲れ方が違う』と口にしている。春のセンバツ後に右肩に張りが出たため、大事を取って、春の県大会を回避したのも気になるところ。上体主導の投球フォームだけに、疲労が蓄積しやすい面もある。首脳陣は奥川に頼りすぎてチームが回らなくなることを懸念しているのです」

■試合後に号泣

 疲労は肉体面のみならず、精神面にも及ぶだろう。奥川は気持ちを前面に出して投げるタイプ。春のセンバツで習志野(千葉)相手に2回戦で敗退し、雪辱を期してこの夏に臨んだ。県大会は苦戦が続き、優勝を決めた瞬間に号泣。智弁和歌山(和歌山)戦では足をつりながら延長14回を一人で投げ抜き、試合後に再び涙を流した。準決勝の先発も監督に直訴。「ここまで来たら、他の投手に譲らず、自分がマウンドに上がりたい」と話している。

 母校初の全国制覇に向けた気持ちの入れ方はハンパないだけに、燃え尽き症候群に陥る可能性も否定できない。

自己主張しない

 そこへいくと佐々木のモチベーションは心配ない。

 勝てば甲子園だった岩手大会決勝は、登板を回避したどころか、試合すら欠場。「燃え尽き症候群」どころか消化不良もいいところで、「本人はフラストレーションがたまっている」と、別の高野連関係者がこう言った。

「永田監督は今回、佐々木を選ぶにあたって大船渡の国保監督を通じて本人の肩肘の状態、連投に耐えられるのか、そもそも本人に日本代表として投げる気があるのかを調べている。その結果、肩肘には問題がないし、連投にも耐え得るし、なにより本人が日本代表として投げたがっているという情報を得た。ネックになりそうな部分はすべてクリアという判断で、それなら163キロ右腕を外す理由がないと代表入りが決まった」

 ただし、問題がないわけではない。

 ひとつは本人の性格だ。永田監督以下の首脳陣の最大の懸案事項は、やはり決勝戦の登板を回避したことだった。甲子園出場のかかった大一番で登板を見送ったのはなぜか。フツーの高校生であれば、仮に肩肘に張りがあっても投げたい、投げさせてくださいと直訴しているところ。それだけに登板回避の真相を調べたところ、浮かび上がったのが佐々木の性格面の特徴だという。

「佐々木は自分の意思を強く主張できるタイプではないらしい」と、アマチュア野球担当記者がこう続ける。

「本人が決勝も投げたかったのは事実。ただ、監督が決めたことなのだから仕方がない、分かりましたと、すぐに欠場を受け入れたというのです。この主体性のなさというか、きちんと自己主張しない部分が、日本代表ではアダになる可能性もある。なにしろ永田監督は勝利最優先。肩肘に問題はなく、連投にもゴーサインが出ているわけですからね。まして岩手大会の決勝を投げずに不完全燃焼の本人はヤル気満々。多少、無理をしてでも投げたいに決まっています。国保監督というストッパーが外れた状態だけに、行けるかと聞かれれば、行けますと答えるでしょう。結果としてフル回転することになるかもしれません。そうなったとき、まだ体も出来上がってないし、体力面にも不安のある佐々木が故障しないか心配なのです」

 エースとして期待される奥川が本来の力を発揮できなければ、佐々木の負担がさらに膨れ上がるのは想像に難くない。

■スライダーが捕れない

 さらに「捕手」も懸念材料だ。

 今回、日本代表に選ばれた捕手は、星稜の山瀬慎之助と明石商の水上桂の2人。ともにプロも注目する好選手とはいえ、

「佐々木とバッテリーを組んだ場合に、問題が生じるかもしれません」とは前出の高野連関係者だ。

「4月の代表合宿では山瀬をはじめ智弁和歌山の東妻純平、中京学院大中京の藤田健斗らがブルペンで佐々木の球を受けています。ところが、佐々木の140キロ台のスライダーを満足に捕球できたのは藤田ひとりだったというのです。160キロ超のストレートはともかく、ホームベース付近で急激に変化するだけに、正確に捕球するのは難しいのでしょう。だからこそ藤田は紅白戦でも佐々木とバッテリーを組んでいたのですが、いかんせんインサイドワークに難があって投手の力を100%発揮することが難しい。そこで1次候補には入っていませんでしたが、甲子園でのプレーをチェックした永田監督が、急きょ、キャッチングに優れた水上をメンバーに入れたのでしょう」

 とはいえ、水上は実際に佐々木とバッテリーを組んだ経験がない。山瀬や東妻ですら手を焼いた140キロ台で鋭く変化するスライダーを正確に捕球できるかは未知数と言わざるを得ない。

 甲子園で華々しい活躍をする奥川と、163キロの剛速球が武器の佐々木が日本代表投手陣の両輪になったからといって、それで結果が出るとは限らないのだ。

関連記事(外部サイト)