日ハム清宮にも聞かせたい 西武・山川「4番復帰」への決意

日ハム清宮にも聞かせたい 西武・山川「4番復帰」への決意

4番で初アーチの清宮(左)、6番で左越えに本塁打を放つ山川(C)共同通信社

待望の一本が出た。

 21日、日本ハムの清宮幸太郎(20)が4番として初の本塁打をかっ飛ばした。1点ビハインドの二回、右翼スタンド中段に飛び込む特大の同点ソロだった。

 欣喜雀躍(きんきじゃくやく)なのが栗山監督だろう。試合前、20日にチャンスで凡打した清宮について、こう話していた。

「何を考えて打席に入っているのか。なぜ、ああいう結果になったのか分析してほしい。入団したときから当然、球界の宝だと思っている。もちろん、彼が力を出せる状況を(我々が)つくらなくてはいけない。その中で、彼が何を考えて、どう結果を残すのか」

 もっとも、一発打ったからといって、打率はまだ1割台(.181)だ。確かに清宮は当たれば軽々スタンドへ運べるだけのパワーはある。だが、現状ではバットの芯に当たるのはまれ。実力が伴わない「4番」では、自分の打撃を分析する能力があるかどうか。

 4番といえば、この日対戦した西武の山川(27)は大先輩。昨年は47本塁打でタイトルを獲得し、リーグ優勝にも貢献したが、「4番は大変な打順です。打てなきゃ(批判や文句を一番)言われるし、プレッシャーや苦しいこともたくさんある」と話す。2017年シーズンの終盤から4番に定着したものの、今年7月以降は調子を崩し、今月11日から7番に降格。代わりの4番に座っているのはベテランの中村(36)だ。

 山川が言う。

「7番は楽っちゃ楽(な打順)ですよ。でも、楽なとこでやっても仕方がない。実力で(4番を)取り返せるようにしないと。今は中村さんが4番ですけど、『中村さんの調子が落ちてきたから僕が4番に戻る』ではダメ。中村さんには勝ちたいですし、勝った上で4番に上がらないとダメなんです」

 その山川はこの日、「6番・一塁」で出場。清宮に一発が出た直後の二回裏に勝ち越しの36号ソロ弾を放ち、五回にも2ランを打った。清宮については、「いずれ(タイトル争いで)戦うであろう相手」と言った。

 将来のために4番を打たされている清宮に、山川の決意を聞かせたいものだ。

関連記事(外部サイト)