カブスの優勝は無理? 右腕エース・ダルビッシュを悩ます「ヤギの呪い」

カブスの優勝は無理? 右腕エース・ダルビッシュを悩ます「ヤギの呪い」

ダルは呪縛から逃れられるか(C)ロイター/USA TODAY Sports

カブス・ダルビッシュ有(33)が21日(日本時間22日)、5勝目(6敗)をかけてジャイアンツ戦(シカゴ)に登板。

 前回15日のフィリーズ戦では7回を4安打無失点、10奪三振、無四球。救援投手が打ち込まれて白星はつかなかったものの、1908年以降では球団史上初の4戦連続先発で、8奪三振以上、無四球を記録した。

 今季は序盤から不振が続き、先発10戦連続勝敗がなく、こちらも球団記録を更新した。今季はよくも悪くも記録尽くし。ここ7試合(計42・0回)では2勝2敗ながら、防御率2・36と安定しているが、エース右腕としての真価が問われるのはこれからだ。

 昨季、ナ・リーグ中地区の老舗球団に移籍してから、本拠地リグレーフィールドでの相性は決して良くないからだ。今季は12試合(計64・2回)に投げ、2勝3敗、防御率4・73。通算16試合(同84・0回)で2勝6敗、防御率4・82と、打ち込まれているのだ。

 ダルに限ったことではないにしろ、リグレーには投手に不利な条件が揃っている。極端に狭いファウルゾーンやシカゴ特有の強風が投手の足かせになっているとされる。さらに、熱狂的なファンが多い土地柄のため、結果が芳しくない高給取りは辛辣なブーイングを浴びることも、カブスのスター選手に計り知れないストレスになっているようだ。

 本拠地でのダルの不調は長らくカブスが優勝できないジンクスとされた「ヤギの呪いではないか」と指摘する地元メディアもあった。

 ダルは、ローテーション通りなら、本拠地で3試合登板することになる。カージナルスと熾烈な地区優勝争いを繰り広げるチームの浮沈はエース右腕の本拠地でのパフォーマンス次第か。

 ジャイアンツ戦は六回途中7失点で降板し、ダルは5勝目ならず。カブスは12ー11で逆転勝ちした。

 なお、11戦連続安打中と打撃好調なエンゼルス・大谷翔平(25)は、レンジャーズ戦のスタメンを外れた。

関連記事(外部サイト)