42歳の福留と来季も契約へ 虎の“貴重戦力”に50歳現役の可能性

42歳の福留と来季も契約へ 虎の“貴重戦力”に50歳現役の可能性

三回に左越え2ランを放った福留は「まだ力あります」/(C)共同通信社

「今のチームではクビにはできんだろ」

 阪神は来季も福留(42)と契約を結ぶ方針との報道を見て、あるOBがこう言った。

 福留は22日も「3番・左翼」でスタメン出場。三回には左翼席へ2ランを放った。

 日米通算21年目のベテランは今季の年俸は1億5000万円。給料に見合うだけの活躍をしているかはともかく、確かに現在の阪神には欠くことのできない戦力といえる。

 2013年からタテジマを着ている福留は、今は単年契約。左足負傷で離脱している糸井(38)は来季、4年契約の最終年を迎える。この2人がいる間に若手が育ち、外野のレギュラーポジションを取るというのが球団の描いていた青写真だった。

 ところが、内野陣は大山(24)、木浪(25)、糸原(26)らが、ほぼ定位置を確保したものの、外野陣は、中谷(26)、江越(26)、高山(26)、陽川(28)といったレギュラー候補がいずれも伸び悩み、定位置を取ったのはルーキーの近本ぐらいだ。

「その近本も守りは下手で肩も弱い。徹底研究される2年目はどうなるかわからない。福留は数字(79試合、打率.251、7本塁打、35打点)は大したことないが、この日のように外角の難しい球をスタンドへ運ぶ力もあるし、ボテボテでも進塁打で走者を進める仕事もできる。今季限りで引退濃厚の鳥谷(38)と違い、若手に対しては助言だけでなく説教もする。44歳まで現役だった金本は肩の故障で遠投はできなかったし、最後の2、3年は打者としても戦力になっていなかった。福留は今のチームならフルシーズンは無理でも主軸を打てる。というか、主軸に置かざるをえない状況だ。とはいえ、来季43歳の福留をレギュラーから引きずり降ろせる若手が見当たらないことは育成の面で問題ですよ」

 ロッテ福浦(43)は今季限りでの現役引退を表明しているため、来季は球界最年長となる福留。イチローが夢見た「50歳まで現役」も阪神なら可能かもしれない。

関連記事(外部サイト)