4番清宮が2戦連発も打率.189…栗山監督に問われる忍耐力

4番清宮が2戦連発も打率.189…栗山監督に問われる忍耐力

清宮の長打力は本物だが…(C)共同通信社

中途半端だけは勘弁だ。

 22日、4番に座る日本ハムの清宮(20)が1点リードの六回、中押しの2ラン。21日にも一発を打っており、2試合連続の5号アーチとなった。

 それでも打率.189では4番としてまだまだ物足りないが、なぜ4番でなければいけないのか、という疑問は残る。

 評論家の三井浩二氏が言う。

「清宮を一軍で育てることに疑問はありませんが、実力の伴わない4番では周囲の反発も大きいでしょう。CSを狙える今の時期になぜ? ということです。ヤクルトの村上のように、下位打線で結果を出してから4番昇格ならナインも納得します。4番になってから打てなくなっても、周囲は『仕方ない』と見てくれる。それが育てるということでしょう」

 清宮は今季開幕前に右手首を骨折し、手術。一軍復帰は5月下旬と出遅れ、打率は1割台と低迷していた。一方、村上は開幕からスタメン出場し、初めて4番に座った5月12日の時点で、打率.240、10本塁打、27打点。守りは一軍レベルとはいえないが、高卒2年目の打者としては十分な結果を残していた。ちなみにその村上はこの日の広島戦で30号ソロ。85打点は高卒2年目以内に限れば、歴代2位の数字だ。

 村上と同様に、試合に出続けて成長したのが、西武時代の中島(現巨人)だ。2004年当時、土井ヘッドコーチは就任1年目の伊東監督に、「片目どころか両目をつぶって、試合で使ってください」と直訴。伊東監督もこれを受け入れて、前年44試合の出場だった高卒4年目の中島を全133試合で起用した。中島はその年、打率.287、27本塁打、90打点と飛躍的に成長し、中軸打者として大きな足掛かりとなった。

「当時の中島は守備がイマイチで、われわれ投手陣も『またエラーかよ!』と思いながら、ぐっとこらえていた。清宮も現在の4番は論外ですが、CS争いがさらに激しくなってもスタメンからは外すべきではありません。もし、首脳陣がしびれを切らして外すようなことがあれば、他の選手も『清宮に4番を打たせたのはナゼだったんだ?』と不信感を持つことになりかねません」(前出の三井氏)

 栗山監督の忍耐が問われる。

関連記事(外部サイト)