“WBC後遺症”続出で選手会が事情聴取へ 中田翔は故障で山田哲人や松田宣浩は不振

記事まとめ

  • 昨年、選手会はWBCの影響を踏まえ、開幕を遅らせるようNPBに求めたが却下された
  • 侍Jの中田翔と武田翔太が故障し、山田哲人、松田宣浩、石川歩は不振に陥っている
  • WBCの悪影響とみる関係者は球界に多く、選手会は代表選手から事情聴取をするという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております