東京ヤクルトスワローズ・由規、トレードマークだった剛速球から技巧派へ転身

記事まとめ

  • 東京ヤクルトスワローズ・由規は10年には当時日本人最速の161キロを出し話題に
  • 5日のDeNA戦での最速は149キロで、筒香嘉智にフェンス直撃の二塁打を打たれた
  • オフにはダルビッシュとトレーニングに取り組み、速球派から技巧派へ転身

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております