今秋ドラフトの超目玉、早実の清宮幸太郎に"珍事" 前打者敬遠の勝負に清宮は困惑

記事まとめ

  • 早実・清宮幸太郎の前打者が敬遠され、3番・清宮と勝負するという"珍事"が起こった
  • 秀岳館の監督は「夏の甲子園でも当たるかもしれない」と清宮勝負の意図を説明した
  • 練習台にされた格好の清宮は「いろいろ感じる部分はあります」と困惑していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております