巨人・陽岱鋼は移籍後初昇格で即適時打も高橋由伸監督ら首脳陣は先行き不安

記事まとめ

  • 巨人は6日の西武戦で、FA加入の陽岱鋼が移籍後初昇格、2点適時打を放った
  • 2月に離脱の原因となった「下半身の張り」が3月に再発し54試合目の遅過ぎる合流
  • 高橋由伸監督ら首脳陣は陽岱鋼の「足の状態」に振り回されることになると不安視される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております