連敗ストップでゲン担ぎも…連勝には遠いヤクルトの窮状

ヤクルトスワローズ連敗14でストップしゲン担ぎするも、連勝できずヤジが飛ぶ

記事まとめ

  • ヤクルトスワローズ徳山武陽が描いたイラストが神宮球場のブルペンに飾られた
  • 徳山が一軍に昇格し連敗が14でストップしたこともあり、球団スタッフがゲンを担いだ
  • しかし阪神タイガースに完封負けし「また、連敗の始まりか!」というヤジが飛んだ

連敗ストップでゲン担ぎも…連勝には遠いヤクルトの窮状

連敗ストップでゲン担ぎも…連勝には遠いヤクルトの窮状

ひとつひとつやっていくしかない(C)日刊ゲンダイ

 23日、阪神戦の試合前のことだ。神宮球場のブルペンにイラストが飾られた。絵がうまいと評判の徳山(28)が描いたもので、一昨年のリーグ優勝時にもブルペンに貼られていた。その徳山が前日、一軍に昇格して連敗が「14」でストップしたこともあり、球団スタッフがゲンを担いだのだ。

 真中監督は「また、(悪い)記録をつくらないように頑張りますよ。ほら、『何度目の2ケタ連敗』とかあったでしょ」と言った。

 ヤクルトはこれまで2ケタ連敗が2度。1シーズン3度目の2ケタ連敗となるようなら、16連敗の球団記録をつくった1970年以来。そうならないように頑張ると、前日に先制2ランを放った山田(25)を、2試合続けて4番で起用した。こちらもゲンを担いだようなものだ。

 しかし、連勝は遠かった。

 救援から先発に再転向した小川が阪神の先発メッセンジャーに来日初となる本塁打を浴び、打線はそのメッセの前に8回12三振に抑えられて完封負け。

 試合後のクラブハウス前では「また、連敗の始まりか!」というヤジが飛んだ。

 報道陣から連勝できなかったがと問われた真中監督は、「ひとつひとつやっていくしかないですね」と答えた。

関連記事(外部サイト)