巨人が広島カープに敗北 広島戦の勝率次第でコーチ陣のクビが飛ぶと関係者は戦々恐々

記事まとめ

  • 巨人先発のマイコラスが七回まで無失点好投も、マギーのまずい打球処理が続き失点に
  • 広島カープは一方的な対戦成績の最大の要因を「巨人打線の迫力不足」とみている
  • 後半戦は広島に勝ち越すくらいの成果を出さないと、と関係者は戦々恐々としているよう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております