今オフ阪神移籍に暗雲 窮地の中田翔は“オリ入り”も視野か

中田翔が開幕から不振を極め、阪神移籍に暗雲 中田はオリックスへの移籍も視野か

記事まとめ

  • 今オフ阪神移籍が確実視されている中田翔が、移籍に関して発言を後退させているという
  • 栗山英樹監督の続投報道が大きいというが、中田自身も今季開幕から不振を極めている
  • 中田は残留とあわせて、恩人と慕う福良監督率いるオリへの移籍も視野に入れているよう

今オフ阪神移籍に暗雲 窮地の中田翔は“オリ入り”も視野か

今オフ阪神移籍に暗雲 窮地の中田翔は“オリ入り”も視野か

「こんなんでFAもなにもない」/(C)日刊ゲンダイ

「残留もあるかもしれませんよ」

 日本ハムのOBがこう言った。今オフの阪神移籍が確実視されている中田翔(28)が最近、「親しい選手によれば、『日本一から最下位じゃファンに顔向けできんやろ』とか、『こんなんでFAもなにもないやろ』とか、移籍に関して発言を後退させているというのです。信頼する栗山監督の続投がスポーツ紙で一斉に報じられたのも大きいのかもしれません。これまで酒席で、『来年は阪神で大暴れじゃ!』なんて冗談半分にオダをあげていたのとは、明らかに雰囲気、言動が変わってきている」というのである。

 確かに今季の中田、「こんなんで」という成績だ。開幕から不振を極め、4月には右足内転筋の負傷を理由に二軍落ちもした。復帰後も状態は上がらず、ここまで79試合に出場して打率.219、11本塁打、47打点。打率はパの規定打席到達者の中でワーストという体たらくである。

■3年で総額10億円

 そんな成績でも、FA移籍となったらそれなりのカネが動く。中田の今季年俸は2億8000万円。ただでさえ、安くない。例えば、酒乱暴行事件で謹慎中の山口俊に巨人は昨オフ、3年総額7億円の札束を積んだ。山口俊のDeNA時代の年俸は8000万円。昨年初めて2ケタ勝利を挙げただけの、過去にタイトルを獲得したこともない問題児ですら、こんな大金を手にするのだ。

 曲がりなりにも2度の打点王という実績を持つ中田の獲得には、3年総額10億円が相場というのが球界関係者の一致した見方だ。今季、タイトルを取るような打棒を見せているのならまだしも、相思相愛だといわれる阪神だって躊躇するような額だろう。

 ましてや阪神は、金本監督が昨年に引き続き、チームの「超変革」を断行している真っ最中だ。若手を鍛え、チャンスを与え、我慢しながら生え抜き中心のチームをつくろうと腐心している。7月にフロント主導で行った新外国人ロジャースの獲得にすら難色を示したといわれるその金本監督が、不振を極める中田獲得の先頭に立つわけにはいかない。

 中田は公私に親しい関係だからこそ、金本監督の心情を忖度せざるを得ないという事情もあるようなのだ。

■恩人と慕う福良監督の存在

「だからでしょう、中田は残留とあわせて、オリックスへの移籍も視野に入れているともっぱらです。オリックスの福良監督は、中田が08年に日本ハムに入団した当時のヘッドコーチ。当初、梨田監督(現楽天監督)になかなかチャンスを与えられずに腐っていた中田をなだめ、励まし、時には怒鳴って面倒を見たのが福良さんだった。13年にオリックスのコーチに転出するまでの5年間、腫れ物扱いになった中田に面と向かって苦言を呈し、説教したのも福良さんただひとりで、そんな福良さんを中田は心底信頼している。『もう一度、一緒に野球がやりたい』というのが中田の口癖です。オリックスは今、一塁とDHはメジャー帰りの中島と新外国人のマレーロを併用しているが、中島は3年契約の最終年、マレーロは単年契約で、どちらも今季限りで契約が切れる。阪神より環境がいいと思っているのは確かでしょう」(前出の日本ハムOB)

 しかし、オリックスもまた、メジャー帰りの中島を3年12億円で獲得したのを筆頭に、総額30億円といわれる大補強を敢行した15年以降、Bクラスに低迷している反省から、阪神と同様に生え抜きによるチーム再建に舵を切りつつある。

 日本ハムは過去のFA選手と同じように、FA権を取得する中田を強く引き留めない方針。流出を阻止するどころか、チームの新陳代謝を優先して、主砲のFA移籍を歓迎しているフシもある。残留するなら大幅減俸は間違いない。日本代表でも主砲を担う中田の進退は窮まりつつある。

関連記事(外部サイト)