巨人は虎視眈々 中日主砲ゲレーロめぐり今オフ大争奪戦も

中日のアレックス・ゲレーロめぐり今オフに大争奪戦も 巨人、DeNAなどが名乗りか

記事まとめ

  • 中日のアレックス・ゲレーロは、セ・リーグ断トツの27本塁打をマークしている
  • ゲレーロと中日の契約は1年で、資金力豊富な巨人が争奪戦に浮上してくるという
  • ソフトバンクや観客動員が大幅に増えたDeNAも動く可能性があるといい大争奪戦の予想も

巨人は虎視眈々 中日主砲ゲレーロめぐり今オフ大争奪戦も

巨人は虎視眈々 中日主砲ゲレーロめぐり今オフ大争奪戦も

来年は残留するのかそれとも...(C)日刊ゲンダイ

 今オフ、セの本塁打王を巡る大争奪戦が勃発しそうだ。目下、リーグ断トツの27本塁打をマークする中日のアレックス・ゲレーロ(30)である。

 中日の4番として活躍するこの大砲助っ人は今季、前所属先のドジャースからも年俸を得ている。13年オフにキューバから亡命し、ドジャースと14〜17年の4年総額2550万ドル(約28億5000万円)で契約したものの、昨年のスプリングトレーニング中に左膝を痛め、6月に自由契約。ドジャースが契約満了を待たずに中日にリリースしているため、年俸を支払う義務があるからだ。某マスコミ関係者が言う。

「ドジャースとの今季の契約は年俸750万ドル(約8億4000万円)。中日の年俸が1億5000万円だから、残りの7億円弱をドジャースが負担しているとみられています」

■デスパイネに刺激

 ゲレーロと中日の契約は1年。来季からはドジャースの負担分がなくなるため、本人は来季以降も日本で、良い契約を得ることをモチベーションにしているという。

「日本で30本塁打を打ったとしても、すでに30歳を迎え、ポジションは左翼か三塁。メジャーの球団はあまり関心を抱いていないようです。今後も日本で活躍してバリバリ稼ぎたいのです。同僚のビシエドが昨オフ、1億7000万円プラス出来高の2年契約を結んでいるのはもちろん、同じキューバ出身のデスパイネ(ソフトバンク)が今年から3年総額12億円以上といわれる大型契約を結んだことも、大いに刺激を受けている」(前出の関係者)

 中日は基本的に来季残留を希望しているようだが、米ナ・リーグ球団のスカウトはこう話す。

「ゲレーロと同じ1年契約のロメロ(オリックス)が、オリックスとの下交渉で今季年俸85万ドル(約9500万円)から4倍程度の大型複数年契約を提示されているそうです。ロメロは打率・294、16本塁打、40打点でこの破格の契約ですから、これがゲレーロ側を強気にさせるのではないか。資金力豊富な球団しか手を出せませんよ」

 そこでゲレーロ争奪戦に浮上してくるのが今季、リーグワーストタイの303得点、リーグ5位の打率・243と貧打に悩み、Bクラスに低迷する巨人だ。

 巨人の助っ人野手で残留が濃厚なのはマギー(34)だけ。この日、二塁、遊撃が本職のクルーズ(33)を楽天に金銭トレードし、主に左翼と一塁を守るギャレット(36)は二軍暮らしが続いて今季の一軍出場はゼロ。今オフで解雇される可能性は高い。

■阿部に変わる新4番

「巨人は大ベテラン阿部(38)が満身創痍で、新しい4番は喉から手が出るほど欲しい。広いナゴヤドームが本拠地で30本以上の本塁打を打つというなら、狭い東京ドームであれば40本は期待できる。ゲレーロは今季、東京ドームでは本塁打こそ2本ですが、打率・391を誇るなど相性がいい。さらに、首位を独走する強敵の広島戦で最多の7本塁打を放っていることも評価を上げる要因になっています」(某セ球団編成担当)

 某球界関係者は、「ゲレーロを欲しいのは巨人だけではない」と、こう続ける。

「一軍戦力の助っ人野手がデスパイネしかいないソフトバンクや、近年は観客動員が大幅に増え、経営が大幅に改善しているDeNAが動く可能性は十分にある。中でもDeNAは、三塁レギュラーとして期待されていた新助っ人のシリアコが不調に終わった。主砲で左翼手の筒香にメジャー志向があり、近い将来、入札制度を利用して移籍する可能性がありますから」

 ちなみに、資金力がある球団といえば阪神も負けてはいないが、「ゲレーロについては昨年、獲得調査を進めていたものの、新助っ人のロジャースを緊急補強したから、おそらく参戦してこないのでは」(前出のマスコミ関係者)

 なお、ゲレーロは26日のヤクルト戦で1安打1死球。五回に死球を受け、代走を送られた。

関連記事(外部サイト)