早実との決勝は“ヒール役”覚悟 東海大菅生・若林監督の秘策

早実との決勝は“ヒール役”覚悟 東海大菅生・若林監督の秘策

「スター」清宮には味方ばかりだが…/(C)日刊ゲンダイ

「2年前は逆転負けをして、『日本一空気を読む監督』と言われた。今年は空気を読まずに勝たせてもらう」

 そう話したのは東海大菅生の若林弘泰監督(51)だ。28日、西東京大会の準決勝で日大二を破って4年連続の決勝進出。早実への“挑戦権”を手にした。

 早実との因縁は冒頭の「2年前」。15年の決勝で八回に5点差をひっくり返され、逆転負けを喫した。そのトラウマに追い打ちをかけるのが、肥大化する早実フィーバーだ。

 早実が勝ち進むたびに報道陣はネズミ算式に増加した。この日の第1試合、早実と八王子学園八王子との試合には、46社240人のマスコミが集結。スタンドにも1万7000人の観衆が駆け付けた。七回に清宮幸太郎が最多記録に並ぶ高校通算107号本塁打を打つと、神宮はお祭り騒ぎ。30日、東海大菅生はこの異様な空気の中で再び戦うことになる。

■先発投手に「ここで抑えたら目立つぞ」

「ガンバレ早実」の“アウェー戦”で勝算はあるのか。若林監督に聞くと、苦笑いでこう言った。

「完全にアウェーですね。スタンドを味方に? やりようがない。あったら教えてください」

 白旗宣言か。いや、実際は「ヒール役」として注目を浴びる環境を存分に利用する構えだ。 

「前回はアウェーの空気にのまれちゃいましたから、選手には常々、『西東京は(早実と日大三の)2強だといわれている。おまえらなんか相手にされていないんだ』と言ってきた。そういう反骨心で勝っていきたい。(準々決勝で戦った日大)三高さんのときも(先発した)松本(健吾)に『ここで抑えたら目立つぞ』と声をかけて送り出した。まあ、スターって顔じゃないですけどね。いい感じに調子に乗ってきましたね」

 新記録となる108号本塁打への期待もかかる清宮。対策についても、「過去の映像はまったく見ていない。目の前の三高さんに必死で、先のことは考えられなかった。ソロホームラン、ヒットくらいならOKというくらいでいく。その前にランナーをためないことが大事。四球? そうですね、バッシングを浴びるかもしれないけど(笑い)」と手段を選ばない姿勢も見せた。

 逆境をはねのけ、神宮のスタンドを黙らせることができるか。


関連記事(外部サイト)