10勝目でも崖っぷち マエケン「中継ぎ再降格」へ秒読み

ドジャース前田健太が中継ぎに再降格か チームにはダルビッシュ有が加入

記事まとめ

  • ドジャース前田健太が、2日のブレーブス戦で2年連続の2桁勝利となる10勝目を挙げた
  • 前田は勝ち星に恵まれているが42失点はチーム最多で、中継ぎ再降格は時間の問題という
  • ドジャースはダルビッシュ有が加入、マッカーシー復帰後は前田がローテ外れる可能性も

10勝目でも崖っぷち マエケン「中継ぎ再降格」へ秒読み

10勝目でも崖っぷち マエケン「中継ぎ再降格」へ秒読み

今が踏ん張りどころ(C)AP

 ドジャース・前田健太(29)が1日(日本時間2日)のブレーブス戦に登板。7回を2安打、無失点、6三振、1四球で、2年連続の2ケタ勝利となる10勝目(4敗)をマークした。

 この日の前田は140キロ台後半の直球主体の投球でカウントを稼ぎ、序盤から危なげない投球を披露。四回まで無安打投球を続け、五回に5番フラワーズに初安打を許したものの、その後もつけ入る隙を与えない。球数が90球を超えても球威は落ちず、二塁を踏ませなかった。

 ダルの加入で尻に火が付いたような働きを見せたが、今後もローテーションに名を連ねるかは微妙な状況だ。

 今シーズンの前田は強力打線の援護を受けて勝ち星に恵まれているものの、42失点はチーム最多。カーショウ、マッカーシーと左右の両エースが故障で離脱したため、ローテーションの一角を任されているが、他の先発投手以上に安定感のある投球を続けない限り、中継ぎ再降格は時間の問題だ。

 現在、ドジャースのローテーションは前田の他、ウッド(12勝1敗)、ヒル(8勝4敗)、柳(3勝6敗)の左腕3人にルーキー右腕スチュワート(0勝0敗)の5人。ダルの加入でスチュワートが外れる他、右人さし指のまめで離脱している右腕マッカーシーの復帰後は、前田か故障がちの柳のどちらかがローテーションから外れるとみられる。

 ローテの座を死守するには結果を残し続けるしかないものの、前田はスタミナに不安がある。

 昨季は前後半とも8勝ずつをマークしたが、シーズン終盤に失速。防御率は前半戦の2.95から後半戦は4.25と悪化した。

 立場が危うい前田は、まずはマッカーシーが復帰するまで踏ん張るしかない。

関連記事(外部サイト)