西武12連勝の主役 菊池雄星はメジャー“第1条件”もクリア

西武12連勝の主役 菊池雄星はメジャー“第1条件”もクリア

渡米をモチベーションに11勝目(C)日刊ゲンダイ

 3日、楽天戦に先発した西武の菊池雄星(26)が、8回3安打1失点でリーグトップの11勝目。 26年ぶりとなるチーム12連勝の主役となった。お立ち台で「初回に3点を取ってもらって、のびのびと投げることができました」と話したエースは、勝ち星以外にも記録を塗り替えるオマケ付き。五回、先頭のウィーラーに投じた6球目が158キロを計測し、自身の持つ日本人左腕最速記録を1キロ更新した。

 昨年、入団7年目にして自身初の2ケタ勝利となる12勝(7敗)を挙げた菊池は、高校時代からメジャー志向。米スカウトもその動向を注視している。交流戦の最中には、ヤクルト戦のネット裏にドジャースをはじめ5球団のスカウトが集結していた。

 菊池が海外FA権を取得するのは順調にいっても20年オフ。あと2年半もあるが、菊池は昨年11月の契約交渉の場で改めてメジャー挑戦の意思を伝え、球団からはこんな提案があったという。

「『来季から2年連続2ケタ勝利すればポスティングを認める』という条件です。すでに球団とは話がついているらしく、菊池も『これで念願のメジャーに行ける』と気合が入っていたようです」(球団OB)

■四球のの多さも改善

 菊池は今年1月の自主トレで契約交渉の際に「メジャーは小さい頃からの夢」と、話題に出したことを明かしている。11勝した今季はすでにノルマの第1段階をクリアした。

 メジャースカウトの懸念材料だった「四球の多さ」も改善。この日、本人も「毎年、四球が多かったので、オフシーズンはそれを改善しなくてはと取り組んできた」と話したように、14年に23試合登板でリーグワーストの78(1試合平均3.39個)だった四球数は今季ここまで18試合に登板して29(1試合平均1.61個)にまで減っている。

 西武が11連勝以上をしたシーズンは過去に5回あるが、すべて優勝しているという“実績”がある。首位ソフトバンクとは6.5ゲーム差。下克上達成となれば、菊池の値段も急上昇するに違いない。

関連記事(外部サイト)