ド軍移籍初登板のダルビッシュ 力みながらも150キロ台の直球連発

ド軍移籍初登板のダルビッシュ 力みながらも150キロ台の直球連発

まずまずの立ち上がりを見せた(C)AP

「世界一請負人」が、いよいよデビューである。

 ドジャースに移籍したダルビッシュ有(30=前レンジャーズ)が4日(日本時間5日)、今季7勝目(9敗)をかけてニューヨークでのメッツ戦に登板した。

 ドジャーブルーのユニホームに「背番号21」を背負ってシティフィールドのマウンドに上がったダル。好調なチームにエース格として迎えられただけに、全米の注目が集まる初登板の立ち上がりは緊張もあってか力みが目立った。

 一回、1死一塁で打席には3番ブルース。今年6月の対戦では2打席連発を許している相手に初球は154キロをマーク。打たれた記憶が鮮明に残っているからだろう。際どいコースを突きながらも、ことごとくストライクゾーンを外れ、最後はスライダーが高めに抜けて四球で歩かせた。いきなりピンチを背負ったが、経験豊富なダルは、ここから落ち着きを取り戻す。4番セスペデスを左飛に打ち取ると、続くグランダーソンの頭上をかすめる強烈な当たりをとっさに差し出したグラブに収めた。

 前日、ロバーツ監督は「強気に相手打者を攻めるダルビッシュショーを見たい」と話していた通り、二回は一転して直球主体の投球。この回、先頭のウォーカー、ロサリオを150キロ台半ばの速球でバットに空を切らせた。

 初めてバッテリーを組む正捕手グランダルとの息が合わないのだろう。サインミスもあってか、マウンド付近で話し込むなど、ぎこちなさも見られたが、三回までは2安打5奪三振無失点。まずは上々の立ち上がりを見せた。

関連記事(外部サイト)