捕手小林に「代打宇佐美」は巨人由伸監督からの“最後通告”

巨人の正捕手・小林誠司に"最後通告"か 大卒2年目の宇佐見真吾がプロ初マスク

記事まとめ

  • 巨人の高橋由伸監督が小林誠司に代わり、同じ捕手の宇佐見真吾を代打で起用した
  • 宇佐見は前日にプロ初安打を放ったばかりの大卒2年目で先発マスクの座を奪う可能性
  • 41歳の相川亮二、36歳の實松一成といったベテラン捕手しか控えていなかった

捕手小林に「代打宇佐美」は巨人由伸監督からの“最後通告”

捕手小林に「代打宇佐美」は巨人由伸監督からの“最後通告”

九回に決勝点を許す(捕手は宇佐見)(C)日刊ゲンダイ

 巨人の高橋由伸監督(42)がカンフル剤を打った。9日の阪神戦、2点を追う五回2死一、二塁で小林誠司(28)に代わり、同じ捕手の宇佐見真吾(24)を代打で起用。宇佐見は前日に代打でプロ初安打を放ったばかりの大卒2年目で、この日も右前打で好機を広げたものの、小林はショックだったろう。

 宇佐見はそのまま守備に就き、プロ初マスクをかぶった。この日、テレビ解説した野村謙二郎氏は「ここで代打を出すならスタメンで使えばいいんですけど」と話したが、言われるまでもなく、小林から先発マスクの座を奪う可能性が出てきた。

「リード面などいろいろ言いたいことはあっても、由伸監督ら首脳陣は、なんといっても小林の打率.201という打撃が不満。捕手に捕手の代打というのは、『打たなきゃ代えるぞ』という強いメッセージです」(チーム関係者)

 これまで、小林のほかには、41歳の相川、36歳の実松といったベテラン捕手しか控えていなかった。そこに、このカードから若手有望株が加わった。

 宇佐見は今春のキャンプを一軍でスタート。WBCに出場した小林が不在の中、オープン戦14試合で打率.143、4打点。オープン戦最終戦後に二軍落ちを通告され、直後に右手を骨折していた。一度チャンスを逃せば、しばらく再起の機会は訪れないのが巨人。が、捕手の場合は話が別だ。

「代打として2打数2安打で滑り出した宇佐見のこれからの働き次第では、小林に代わってスタメンマスクをかぶる可能性もある。肩は小林だが、打撃だけならすでに宇佐見の方が上との声もある。結局、打てば使われるのが巨人というチーム」(前出の関係者)

 試合は巨人が1点リードの九回、守護神のカミネロが福留に打たれ同点とされると、ロジャースに犠飛を打たれ、初マスクの宇佐見にとっても痛恨の逆転負けとなった。

 村田ヘッドコーチは開幕前、「試合の終盤に代打を出されているうちは、正捕手とは言えない」と条件を示していた。捕手に捕手の代打の意味は、現時点の正捕手・小林への101試合目の最後通告である。

関連記事(外部サイト)