一軍復帰近い阪神・藤浪は“グラウンド外”にも問題あり

阪神・藤浪晋太郎が近日中に一軍復帰する見通しも、伸び悩みに技術以外の原因を指摘も

記事まとめ

  • 阪神・藤浪晋太郎が二軍・広島戦に先発、近日中にも一軍復帰する見通しとなった
  • メッセンジャーは巨人戦で骨折し、岩貞は試合途中に強制帰阪を命じられ、抹消された
  • 藤浪には遅刻もあったといい、藤浪を含め若手の伸び悩みには、技術以外の原因を指摘も

一軍復帰近い阪神・藤浪は“グラウンド外”にも問題あり

一軍復帰近い阪神・藤浪は“グラウンド外”にも問題あり

メッセが骨折離脱でお鉢(C)日刊ゲンダイ

 不調のため二軍で再調整を続けてきた阪神の藤浪晋太郎(23)が、10日の二軍・広島戦に先発して5回4安打1失点で最速156キロをマーク。近日中にも一軍復帰する見通しとなった。

 チームは緊急事態に陥っている。今季11勝をマークしている大黒柱のメッセンジャーが、10日の巨人戦の守備の際に右足に打球を受け、11日に骨折が判明。今季絶望の可能性が浮上した。ローテ左腕の岩貞も8日の巨人戦で4回6失点とボロボロで、試合途中に強制帰阪を命じられ抹消されている。首位広島には大差をつけられ、4位巨人にも徐々に詰め寄られている。金本監督は藤浪の手を借りざるを得ない。

 今季の藤浪は課題の制球難が一向に改善されず、5月26日のDeNA戦(甲子園)で六回途中3失点と打ち込まれたのを最後に二軍降格。二軍戦でも危険球を投じている。ライバル球団の首脳は、「あれはイップスだろう。それで投手生命が終わったのを何人も見てきた。ブルペンや二軍では投げられても、一軍の試合は緊張感が違う」と言っている。

「グラウンド外にも問題がありそうです」とは阪神OB。

「藤浪は二軍落ちした登板当日、あろうことかミーティングに遅刻したというのです。首脳陣は『結果で取り返せ』とマウンドに送り出すも返り討ちにあった。試合後は首脳陣だけでなく、フロントからも大目玉を食らったというから、二軍降格は懲罰的な意味合いが強かったことになる。藤浪は昨年、序盤に大量失点しながら、161球で完投した試合があった。しかし、結果的に改善の気配は見られないどころか年々、下降線をたどっているように映る。球団は藤浪を規定よりも1年前倒しして4年間で退寮させた。遅刻は責められて当然で、グラウンド外でもボロが出るのは、球団の体質にも問題があるのではないか。先日は週刊誌に若手選手による合コン醜聞をスッパ抜かれています。ファンやマスコミにチヤホヤされ、いい気になってしまっているのでしょう」

 藤浪を含めて阪神の若手が軒並み伸び悩んでいるのは、技術だけが原因ではなさそうだ。

関連記事(外部サイト)