【夏の甲子園】本塁打量産で最多ペース 清宮幸太郎の出場見込み“飛ぶボール”使用か

記事まとめ

  • 夏の甲子園高校野球は、計33試合を消化した時点で、43本もの本塁打が飛び出している
  • 朝日新聞は「好投手が比較的少なく、『打高投低』の傾向が強く表れている」と指摘
  • 「清宮幸太郎が出場すると見込んで、反発力の強いボールを使っている」と話す関係者も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております