夏の甲子園で準決勝を決めた4校はすべて複数投手起用 『エース依存時代』終焉との声

記事まとめ

  • 夏の甲子園で準決勝を決めた東海大菅生、天理、広陵、花咲徳栄には共通点があるという
  • 力量の変わらない投手が複数いることらしく、『エース依存時代』終焉との声が出ている
  • 過去には、横浜の松坂大輔は6試合で767球、早実の斎藤佑樹は7試合で948球を投げていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております