西武OBも同情…菊池雄星に“2段モーション疑惑”なぜ今?

西武ライオンズ菊池雄星に2段モーションによる反則投球 西武OB三井浩二氏が同情

記事まとめ

  • 西武ライオンズ・菊池雄星に2段モーションによる反則投球が宣告された
  • 西武の抗議に対し、NPBは「最終的には審判の判断」という玉虫色の回答
  • OBの三井浩二氏は「シーズン中にフォームをいじるのは難しい」と話している

西武OBも同情…菊池雄星に“2段モーション疑惑”なぜ今?

西武OBも同情…菊池雄星に“2段モーション疑惑”なぜ今?

メジャー挑戦にも暗雲(C)共同通信社

「もう8月ですから。僕らはルールに従ってやるしかない。キャンプで確認して大丈夫と言われて、なぜ今なのかと」

 西武の菊池雄星(26)が不満をあらわにするのも当然だ。

 菊池が2段モーションによる反則投球を宣告されたのは、8月17日の楽天戦の二回。それ以降は走者がいない状況でもクイックで投げて完封勝ちしたが、気になるのは今後だ。

 西武の抗議に対し、NPBは「最終的には審判の判断」という玉虫色の回答。いずれにせよ、菊池はフォーム修正を余儀なくされるだろう。

 投手にとって、フォームは繊細かつ、重要なもの。巨人の阿波野三軍投手コーチはかつて日刊ゲンダイの連載で、「90年、当時近鉄でプレーしていた私は、西武の伊原コーチから、牽制がボークだと執拗に抗議された。この年を境に勝ち星が減ったことから、勝てなくなったのは抗議の影響だといわれた。勝ち星が減った最大の原因はそれまでの3年間で705回と3分の2イニングを投げた蓄積疲労だと思うが、抗議によって走者を置いたときの投球に必要以上に神経を使うようになった。結果としてフォームを崩し、本来の投球ができなくなった面は否定できない」と書いていた。

 西武OBの三井浩二氏は「シーズン中にフォームをいじるのは難しい」と、こう話す。

「フォーム修正は細かいマイナーチェンジも含めて、秋季キャンプあたりから取り組むもの。体への負担や制球、変化球を投げるときに癖がバレないかなどをチェックしながら、長い時間をかけて行います。フォームは投手の生命線。足の上げ下げをわずかに変えただけでも、影響は大きい。菊池はクイックに切り替えていたが、下半身への負担が大きく、途中で足がつってしまった。菊池はこれまで何年も投球フォームに試行錯誤してきた投手。時期が時期だけに気の毒ですよ」

 理想のフォームを掴みかけた矢先の2段モーション疑惑。来季2ケタ勝利なら球団もポスティングを認めるというが、またぞろフォーム修正となれば、その影響はいかばかりか。場合によっては悲願のメジャー挑戦に暗雲が立ち込める可能性もある。


関連記事(外部サイト)