西武菊池にまた不可解“反則投球” 曖昧判定に批判の声続々

西武菊池にまた不可解“反則投球” 曖昧判定に批判の声続々

日本球界に愛想を尽かすのでは?(C)日刊ゲンダイ

 また、取られた。

 24日、西武の菊池雄星(26)が2試合連続で2段モーションによる不正投球が宣告された。

 初回、ソフトバンクの先頭打者の川島への1球目で空振りを取ったが、これが2段モーションとされ、判定はボール。その後はセットポジションで投げたものの、動揺が収まらなかったのか、柳田の適時打、デスパイネの2ランで瞬く間に3点を失った。さらに二回も今宮の3ランなどで4失点と序盤で大炎上。3回7失点でKOされた。

 菊池は17日の楽天戦で、2段モーションを取られたばかり。この時は2イニング目に入って突然、指摘されるという不可解な判定だった。

 確かに菊池のワインドアップは2段モーションを取られてもおかしくない。右足が一瞬止まるようになったのは、今季5月あたりから。しかし、今月3日に国内の左腕最速158キロを計測した時も、同じモーションだった。それがこの終盤戦になって、これまでは一切おとがめなしだったフォームにいきなりダメ出しされたのでは現場は混乱。菊池が、「なぜ今なのか」と憤慨したのも無理はない。

 にもかかわらず、NPBは西武に対し、「最終的には審判の判断」と、木で鼻をくくったような対応。これには西武だけでなく、他球団も怒っている。井口が2段モーションを取られた日本ハムは島田球団代表が「これは審判員全体の問題だと思う」と、不満もあらわにしていた。

 ヤクルトの真中監督も20日の試合前、一連の騒動に言及。「セットでの投球も曖昧。ウチの小川も怪しいとか言われている。審判の裁量でまちまち」と話すと、「これはNPBの怠慢だよ」と、原因は曖昧な態度を繰り返すNPBにあると批判し、「メジャーではセットは止まらないし、2段モーションも(普通に)やっている。だから、米国から来た投手はボークを取られる。中途半端なんだよ。コリジョンルールなどメジャーのルールを取り入れているなら、徹底的にやるべき」と提言していた。

 この日は負けたが、菊池はもっか12勝6敗。来季も2ケタ勝てば、球団からポスティングの許可が下りるという。審判団、NPBの対応がきっかけになって、菊池はいよいよ日本球界に愛想を尽かすのではないか。


関連記事(外部サイト)