“脱貧打”狙う巨人 来季打撃コーチに井端Cの配置転換浮上

巨人が貧打解消対策に、来季は井端弘和内野守備走塁コーチを打撃コーチに配置転換も

記事まとめ

  • イップスが噂される藤浪晋太郎が先発した阪神戦で、巨人は6-0と快勝した
  • しかし、巨人のチーム打率はリーグ3位で、貧打が解消されたとは言い難いという
  • 江藤打撃コーチの代わりに、井端弘和内野守備走塁コーチを配置転換するとの説も

“脱貧打”狙う巨人 来季打撃コーチに井端Cの配置転換浮上

“脱貧打”狙う巨人 来季打撃コーチに井端Cの配置転換浮上

「井端打撃コーチ」で巨人打線は変わるか?/(C)日刊ゲンダイ

 27日の阪神戦に6―0と快勝した巨人だが、高橋由伸監督が「力のある投手。それなりの投球をすれば、攻略は難しいと思っていた」と振り返ったように、六回までは相手先発の藤浪晋太郎に手も足も出なかった。

「イップスもウワサされた藤浪の制球難、スッポ抜けを警戒し過ぎたのでしょう、巨人の各打者は明らかに腰が引けてましたね。六回まで2安打で9三振。外角の球に踏み込めず、引っかけたような内野ゴロが多かったのはそのためですよ」(他球団スコアラー)

 結局、巨人は七回1死から村田がもらった死球をきっかけに、亀井の適時打で1点を先制。なおも一、三塁と好機を広げたところで藤浪が降板、2番手の桑原、3番手の石崎から一挙5点を追加した。盗塁、セーフティースクイズ、エンドランと珍しく高橋監督が積極的に動いたのも功を奏したが、それでも巨人のチーム打率は・251でリーグ3位。総得点442もリーグ4位にとどまっている。つまり、今季の最大の課題といわれた貧打は、とても解消されたとは言い難いのだ。

 今季、球団ワーストの13連敗を含む歴史的低迷を記録した巨人は6月に鹿取GMが就任、7月に斎藤二軍監督を一軍投手コーチに配置転換する人事を行ったが、チーム内には「打撃コーチのテコ入れが先だろ」という声があった。特に一昨年オフに二軍担当から復帰して、計5年の一軍指導歴がある江藤打撃コーチの能力に疑問符がつけられており、来季は交代が必至。代わりに、貧打解消を託されるとみられているのが、井端内野守備走塁コーチである。

■「守備走塁じゃもったいない」

 高橋監督と同じ42歳でプロ入り同期生。一昨年10月に“由伸が辞めるなら自分も辞める”と現役引退し、指揮官たっての希望で内野守備走塁コーチに就任した。当然、高橋監督の信頼は厚いのだが、監督の周辺では「守備走塁の指導だけじゃもったいない」という意見が多いのだ。

 現役18年で1912安打、通算.281の打率を残している井端コーチは右打ちの名手としても知られた。選手内では、技術論はもちろん、配球の読みにも長けていると評価される。現役時代の井端コーチが得意とした小技やねちっこい打撃も今の巨人打線に足りない部分と高橋監督も評価しているともっぱら。「井端打撃コーチ」で来季の巨人打線はがらりと変わるか。

関連記事(外部サイト)