選手会の抗議は巨人への“反旗” 山口俊は国内に居場所なし

読売ジャイアンツ山口俊への処分巡り選手会が抗議 米球界への挑戦が加速か

記事まとめ

  • 巨人・山口俊は泥酔暴行事件で出場停止と1億円を超えるとされる罰金、減俸を科された
  • 日本プロ野球選手会は、山口への処分に対し、重過ぎると巨人に再検討を求めたと発表
  • 反旗を翻された格好に、山口はチームにいづらくなり、米球界挑戦が加速するとも

選手会の抗議は巨人への“反旗” 山口俊は国内に居場所なし

選手会の抗議は巨人への“反旗” 山口俊は国内に居場所なし

球団と選手会を巻き込んだ泥仕合に発展(C)日刊ゲンダイ

 巨人・山口俊(30)の泥酔暴行事件に対する処分に「待った」がかかった。

 日本プロ野球選手会は28日、山口俊が東京・目黒区の病院で男性警備員を負傷させた件で、今季終了までの出場停止と1億円を超えるとされる罰金、減俸を科されたことに対し、処分が重過ぎると、巨人に再検討を求めたと発表した。

 山口俊は自身の30歳の誕生日だった7月11日未明、泥酔した状態で訪れた病院で警備員に2週間のケガを負わせ、扉を蹴って破壊。傷害と器物損壊の疑いで書類送検され、後に起訴猶予となっていた。

 選手会は、逮捕されていないこと、被害者と示談が成立していることから、過去の例をみても総額1億円以上の罰金、減俸は不当と主張。また、巨人が解雇をちらつかせ、入団時に結んだ複数年契約の見直しを迫って同意させたとし、これも問題視している。

 山口俊が去る18日に開いた謝罪会見では、同席した石井球団社長が「過去の出場停止処分に比べても最も厳しいのでは」とした上で、「契約解除については考えていない。そういう選択肢も私たちの中で用意して意見を聞いたりしたが、最終的にこういう判断に至ったのは、まず山口が極めて深く反省していること。まだ30(歳)と若い。今後の将来をつぶしちゃいけないとも考えた」と解雇の可能性がある中での“温情”でもあると強調していた。山口俊も納得し、一件落着のはずが、反旗を翻された格好だ。球団上層部も穏やかでないだろう。

■横浜時代はメジャー志向も

「選手会が発表した抗議全文には、選手会が山口俊を事情聴取したとあるが、処分決定の過程で、巨人が『契約解除するとの条件を提示し続けることにより同意させた』『自主退団を迫った』とする球団の強引さを印象づける話し合いの中身は、本人が言わなければ分かり得ないこと。巨人のお偉いさんたちは『チャンスをやったのに』と怒っているでしょう。こうなると本人だってチームにいづらくなる。これからトレード要員になってしかるべきだが、こんな問題児であることが露呈した以上、国内球団に引き取り手があるかどうか。横浜時代はメジャー志向があった。巨人を自由契約にしてもらい、何のしがらみもない米球界への挑戦が加速するかもしれません」(球界関係者)

 巨人はこの日、「山口俊投手に対する処分は妥当と考えています」とのコメントを発表した。泥仕合の様相を呈してきたが、山口俊は巨人での再起への道を自分自身で険しくさせたかもしれない。

関連記事(外部サイト)