U18ケガ人続出…スカウトは「今井の二の舞」に戦々恐々

U18ケガ人続出…スカウトは「今井の二の舞」に戦々恐々

清水は疲労蓄積が懸念材料(C)日刊ゲンダイ

「おいおい、休む間もなく合流したってのに、2イニングいかせるかよ」

 U18日本代表が27日に行った城西国際大との練習試合でのこと。八回からリリーフ登板した清水達也(3年=花咲徳栄)が2イニングを投じたことで、プロのスカウトや報道陣からはケガを心配する声が出た。

 甲子園は主に救援で6試合に登板。23日に決勝を戦い、休む間もなく25日夜に代表に合流した。疲労の影響もあってか、3安打を浴びるなど精彩を欠いた。

 本番での抑え起用を明言した小枝監督は、「思ったより疲れがとれている気がするが、油断すると昨年の(U18アジア選手権の)今井のようにどこかでバランスを崩す可能性があるので起用した。少しずつ使っていきたい」と話した。今井とは昨年、作新学院(栃木)のエースとして夏の優勝投手となり、西武にドラフト1位で入団した右腕のことだ。

「清水をぶっつけ本番で投げさせたくないのは分かりますが、昨年の今井は2試合に先発するも、甲子園に比べて明らかに球速、球威が落ちていた。右肩の不調を抱えていたともっぱらです。甲子園、代表戦と激闘が続いた結果、オフだけでは疲労が完全に抜けきらないまま、春のキャンプに突入。早々に関節唇に炎症を起こし、今も右肩痛に苦しんでいる。同様にアジア選手権で2試合に先発した寺島(履正社・ヤクルト1位)も足に痛みがあったといわれた。昨年の堀瑞輝(広島新庄・日本ハム1位)のように、甲子園の直後にU18で3試合にリリーフで登板しても元気な投手はまれ。今年はプロ入りを希望するこの清水と田浦文丸(3年=秀岳館)がリリーフでフル回転を強いられる展開になりそうです」(球界関係者)

 代表メンバーは20人と人数が少ないのに、合宿ではプロ注目選手の“故障”が続出している。

 丸山和郁(3年=前橋育英)、増田珠(3年=横浜)、西巻賢二(3年=仙台育英)がそれだ。甲子園不出場組の清宮幸太郎(3年=早実)、安田尚憲(3年=履正社)はまだしも、清水と同じく決勝まで戦った中村奨成(3年=広陵)も、本職ではない一塁起用プランもあり、故障のリスクがある。

 日の丸を背負った大一番だから選手たちは自然と力が入るし、無理もしがちだ。ここで金の卵たちが深手を負うことだけは避けてもらいたいのがプロのスカウトの本音か。

関連記事(外部サイト)