ヤンキース7年ぶり地区Vも…田中将大のPSには思わぬ落とし穴が

田中将大のヤンキースが7年ぶり地区V ポストシーズンに向け田中に期待も不安要素

記事まとめ

  • 田中将大が19日のエンゼルス戦で11勝目を挙げ、ヤンキースは7年ぶりの地区優勝に
  • 地元紙は「ポストシーズンに向け、間違いなくヤンキースの先発1番手」と田中に期待
  • 田中はポストシーズンで安定した成績を残すも、アスレチックス戦には警戒が必要だとか

ヤンキース7年ぶり地区Vも…田中将大のPSには思わぬ落とし穴が

ヤンキース7年ぶり地区Vも…田中将大のPSには思わぬ落とし穴が

地区優勝を決め、同僚からシャンパンを浴びる田中(C)共同通信社

田中将大(30)が19日のエンゼルス戦で今季11勝目(8敗)を挙げ、自身初、ヤンキースは7年ぶりの地区優勝を決めた。

 メジャーナンバーワンの人気球団ながら、松井秀がワールドシリーズMVPを獲得した2009年以降、世界一の座から遠ざかっている。それだけにNYの地元紙「デイリー・ニューズ」は「ポストシーズンに向け、間違いなくヤンキースの先発1番手」と、今後の田中の活躍に期待を寄せる。

 ここまでポストシーズンは5試合に登板して、防御率1・50。ヤンキース先発陣の中では安定した成績を残しているものの、不安がないわけではない。

 ヤンキースはプレーオフ初戦で、最高勝率を争うアストロズ以外のチームと対戦する可能性が高い。このままいけば相手は中地区首位のツインズか、ワイルドカードを争うアスレチックス、レイズ、インディアンスのいずれか。このうち田中が警戒しなければならないのはアスレチックスだ。

 田中は今季アスレチックス戦1試合に登板、6回8安打5失点と打ち込まれた上、「過去7年間で4回プレーオフに進出するも、すべて初戦敗退。データ野球の先駆けともなった編成責任者のビリー・ビーンは、今年こそ強豪に一泡吹かせようと目の色を変えている」とは在米ジャーナリストのイチロー桜木氏だ。

関連記事(外部サイト)