阪神・糸井がサヨナラ弾 14年目の“初仕事”で広島と6.5差

阪神・糸井がサヨナラ弾 14年目の“初仕事”で広島と6.5差

完璧な当たり(C)日刊ゲンダイ

 打った瞬間、バットを放り投げるほど完璧な当たりだった。

 阪神の糸井が延長十回、ヤクルトの4番手右腕・近藤から、プロ初となるサヨナラの12号ソロ弾を右翼席へたたき込んだ。プロ14年目でこのホームランが137本目。チャンスに強いイメージがあるだけに、サヨナラホームランが初めてと聞いて「えっ!?」と思ったファンは少なくないだろう。

 糸井がお立ち台で「やりました! 甲子園でサヨナラホームランを打てて最高の気分です」と言ったその数十分前、首位広島が巨人に競り負け優勝マジックが消滅。2位阪神と広島とのゲーム差は6.5に縮まった。糸井の強烈弾は、虎ファンをその気にさせる「初仕事」だった。


関連記事(外部サイト)