試合前まで巨人全敗…広島選手が語る「東京ドームは楽」

試合前まで巨人全敗…広島選手が語る「東京ドームは楽」

四回に1号を放った小林(C)日刊ゲンダイ

 30日の試合前まで巨人は東京ドームで広島に7戦全敗。ようやく一矢を報いたこの日も、四回までに4―1とリードしながら、6―4となった九回に2死一、二塁と追い詰められた。今季の対戦成績は6勝16敗。特に、かつては絶対的な強さを誇った本拠地・東京ドームで一方的にやられている現状を村田ヘッドコーチに聞くと、「理由があったら、こっちが教えて欲しいわ! 思い当たること? ないけどな」と不機嫌そうに吐き捨てた。

 広島ナインはどう感じているのか。29日の試合で超美技を見せた二塁の菊池はこう言った。

「前のより今の人工芝(14年から現在のフィールドターフ)が、どこの球場よりも守りやすくて、エラーをする気がしないんです。ボクは好きですね。あとは涼しいから、体がかなり楽です」

 遊撃の田中は「(全勝は)たまたまですよ。東京ドームの(LED)照明はむしろまぶしくて見にくい」と言いながら、「一番涼しい。ナゴヤとか他のドーム球場より? はい。かなり涼しいから快適です」と指摘。誰に聞いても「涼しいからやりやすい」と言うのだ。

 セ・リーグがよく使用するナゴヤドームや京セラドーム大阪はもっと暑いという。東京ドームのホームページによると、夏場の設定は「28度」とあるが、広島のチーム関係者は「もっと低いでしょう。20〜25度じゃないの?」と言うほどキンキンに冷えている。

 広島の夏の暑さは有名だ。ホームゲームのナイターの際は、炎天下の中、昼頃から早出練習が毎日行われる。レギュラークラスだろうが若手なら必須。ナインは灼熱の「地獄」から快適な東京ドームに乗り込んでくるため、「天国」と口を揃えるのだ。

 ただでさえ力の差のある相手に「やりやすい」「快適」と気分よく暴れられたんじゃ勝負にならない。巨人は東京ドームの屋根を取っ払うくらいでないと、来季以降も広島にはコテンパンにされそうである。


関連記事(外部サイト)