2段モーションを1週間で修正 西武・菊池“驚異の適応力”

2段モーションを1週間で修正 西武・菊池“驚異の適応力”

楽天を手玉に(C)日刊ゲンダイ

 一発解答で楽天打線をねじ伏せた。

 8月17日の楽天戦で2段モーションを取られ、反則投球問題に揺れていた西武の菊池雄星(26)。昨31日の楽天戦では、そうした騒動を一蹴するかのような快投を見せた。

 この日は上げた足を一度も止めずに豪快に振り下ろす新フォーム。初回、オコエに先頭打者弾を浴びたものの、9回2失点の完投勝利。ハーラートップタイの13勝目(6敗)を挙げると同時に、西武2位浮上の立役者となった。

 2度目の反則投球を指摘されてから、わずか1週間で修正。これに舌を巻くのが、メジャー球団だろう。ある代理人筋は「この適応力、修正力はメジャー向きです」と、こう話す。

「日本からメジャーに挑戦する選手の多くが苦戦するのが、環境の違い。マウンドの高さや硬さ、ボールの違い、移動距離、時間など挙げればキリはないが、『同じ野球だから』で片付く問題ではない。それでも投手にとって最も大事なフォームをスパッと変えることができたのならば、ボールやマウンドへの適応も期待できる。菊池にとってもメジャー球団へのいい売り込みになったし、メジャー側も懸念が1つ解消されたでしょう」

 菊池は来季も2ケタ勝利なら、球団からポスティングの許可が出るという。メジャー球団が手ぐすね引いて、西武のエースを待ち構えている。

関連記事(外部サイト)