今季2度目登板は4失点KO…ハム大谷を見た米スカウトの本音

今季2度目登板は4失点KO…ハム大谷を見た米スカウトの本音

大谷の投球をチェックしたヤンキースのキャッシュマンGM(左)は「ノーコメント」(C)共同通信社

「全然、良くなかったです。最後(福田に浴びた3ラン)も、真ん中でしたし。まだまだですけれど、ただ(前回登板より)進歩はしていると思います」

 大谷翔平(23=日本ハム)は自身の登板をこう振り返った。

 31日、今季2度目の登板となったソフトバンク戦(札幌ドーム)には、ヤンキースのキャッシュマンGMをはじめメジャー14球団、計22人のスカウトや編成担当者たちが訪れた。

 彼らを前に3回と3分の1を投げて3安打3四球、4失点。速球は何度も160キロをマークし、三回までに許した走者は四球の2人だけだったものの、四回に突如として崩れた。連打を浴び、福田に3ランを打たれて64球で降板した。

 この日の大谷の投球を見たナ・リーグのあるスカウトは、こう言ってクビをひねった。

「ビデオでチェックした前回登板(7月12日のオリックス戦は1回3分の1を2安打3四球、4失点)に比べれば体全体を使って投げているように見えたけど、スタミナ不足は明らかだ。(連打を浴びた)四回はバテバテで制球が甘く、球のキレもなかったからね」

 しかし、いまだ右足首に不安を抱える大谷はそもそも調整不足。この日が2度目の登板だったうえ、右足首の影響で投手に必要な下半身の鍛錬は十分にできていない。栗山監督は登板前に「完璧な投球はできない」と話していたし、さる日本ハムОBもこう言った。

「今回の登板はメジャーサイドに、とりあえず投げられることを証明するのが目的だったと聞いています。このまま投げずにシーズン終了なら、投手は厳しいと判断する球団も出てくる。メジャーの評価はかなり下がるそうですから。今後、ローテに入れるかどうかも含めた投手としてのスケジュールにしても、登板後の状態をチェックしてから決める方針らしい」

 要するに、この日は投手として投げる姿も見たいというメジャーのリクエストに応えた顔見せ登板なのだ。

 ナ・リーグの別のスカウトは、「これだけ大勢の同僚が見ている中、4点取られたのはむしろ良かった。今回の投球で大谷に対する評価を落とす球団がひとつでも出てくるようなら、それこそ儲けものだからね」とほくそ笑んだ。


関連記事(外部サイト)