揺れる金本阪神「超変革」 数字での判断は“並”のやり方だ

揺れる金本阪神「超変革」 数字での判断は“並”のやり方だ

金本監督(左)を大喜びさせた小野(C)共同通信社

コラム【権藤博の「奔放主義」】

 先月29日、阪神のドラフト2位新人・小野泰己(23=富士大)がプロ初勝利を挙げた。金本監督は、今年一番かという笑みを浮かべていたが、そりゃそうだろう。

 今季13度目の先発にして、ようやくつかんだ白星。つまり、投げども投げども結果がついてこない新人投手に、13回もの先発機会を与えたのだ。登板するたびに重圧が増す中で投げ続けた小野も立派だが、諦めずに投げさせ続けた金本監督の胆力も敬服に値する。

 指揮官は、「春のキャンプで見たときから、あのストレートに惚れ込んでいますから」と言っていた。そうだとしても、なかなか信じ切れるものではない。首位広島とは差がついているものの、2位をキープして優勝争いをする中でのことだ。12試合で0勝7敗、防御率5・49の新人にチャンスを与えるのには限界がある。並の監督なら、中継ぎ降格、二軍再調整といった策を取るのが普通ではないか。さすがは、「超変革」を旗印にして若手育成に力を入れる金本監督――。

 と、ここまで褒めたところで、疑問が頭をもたげる。小野にはここまで我慢をしながら、なぜ、原口文仁(25)、高山俊(24)、そして藤浪晋太郎(23)らに対してはそれができないのか。

 その打力を買って捕手から一塁にコンバートした原口は、7月に獲得したロジャースが加入してからベンチへ追われ、先月26日には登録抹消された。今は二軍にいる高山も同じだ。藤浪も今季は3度、登録を抹消されている。制球難が問題にされ、与死球も連発。暴れ馬がいよいよ手がつけられなくなって、一軍の首脳陣がサジを投げた。そんなふうにも見えた。

 それぞれの選手にそれぞれの理由があるのだろうが、数字や成績だけで判断するのなら、チームは大きく変貌はしない。「変革」に「超」を冠するのだから、並の監督とは違った金本監督ならではの覚悟が見たい。

 先日は、FA権を取得した日本ハム・中田翔(28)を獲得すべく、球団が調査を続けているとの報道がスポーツ紙を賑わせた。中田獲得が金本監督の希望だとすれば、これも「超変革」に逆行することではないのか。

「超変革」に必要なのは、小野の起用で見せた「我慢」と「一貫性」だと思っている。

(権藤博/野球評論家)

関連記事(外部サイト)