昨季13億円から…ドジャース前田の今季年俸は大幅ダウン必至

昨季13億円から…ドジャース前田の今季年俸は大幅ダウン必至

前田健太 年俸大幅ダウンも

昨季13億円から…ドジャース前田の今季年俸は大幅ダウン必至

ダイヤモンドバックス戦はメッタ打ち(C)AP

 ドジャース前田健太(29)が31日(日本時間1日)のダイヤモンドバックス戦に登板。2本塁打含む8安打7失点で三回KO。6敗目を喫した。

 すでに2年連続2ケタ勝利をマークしている前田の契約には、主に登板試合数(15、20先発で100万ドルずつ、25、30先発で150万ドルずつ、32先発で150万ドルがそれぞれ加算)、投球回数(90〜190回で10回ごとに各25万ドルずつ、200回で75万ドル加算)に応じて出来高払いが付いている。

 入団1年目の昨季は先発3番手として開幕からローテーションを守り、32試合で計175回3分の2に登板して、基本給300万ドル(約3億3000万円)にインセンティブを加えて1190万ドル(約13億1000万円)の報酬を手にした。今季は6月上旬、一時的に中継ぎに回っただけに年俸の大幅ダウンは避けられない。

 今季、ここまで22先発で計120回3分の1に登板。現時点では開幕ロースター入りボーナス15万ドル(約1700万円)の他、20先発の計200万ドル(約2億2000万円)、120回の計100万ドル(約1億1000万円)。出来高の合計は315万ドル(約3億4000万円)だ。

 今後の前田が仮に中4日でマウンドに上がる場合、レギュラーシーズンの登板は残り5試合。今季は27先発となり、先発の出来高は350万ドル(約3億8000万円)。残り5試合で全て完投すれば投球回数のインセンティブは増えるが、今季のドジャースは先発投手の負担を軽減する方針のため、五〜六回での降板が目立つ。最終的に150投球回なら出来高は175万ドル(約1億9000万円)。今季の前田の給料は総額で840万ドル(約9億3000円)と昨季から大幅にダウンする。


関連記事(外部サイト)