昨季セーブ王初昇格 “イップス”沢村をG由伸監督どう使う

昨季セーブ王初昇格 “イップス”沢村をG由伸監督どう使う

1日のDeNA戦で今季初の一軍昇格を果たした(C)日刊ゲンダイ

 巨人の昨季のセーブ王がやっと上がってきた。

 沢村拓一(29)が1日のDeNA戦で今季初の一軍昇格を果たした。2月のキャンプ中に右肩を痛め、3月のオープン戦初登板で投げた初球が頭部死球となり、わずか1球で危険球退場。その後、右肩痛を理由に三軍で4カ月以上のリハビリ生活が続いた。「ボールが指にかけられなくて、1カ月半くらい全く投げられない時があった」と話した沢村は、8月上旬に二軍戦で実戦復帰。7試合に投げて1勝、防御率4.50、8イニングで14三振を奪った。 

「率先して(チームを)引っ張っていくとかは思わない。二軍で良くても一軍は全然違うので。観客は多いし、プレッシャーが違う。今は70%くらい。投げてみないと分からない」

 昨年までなら、報道陣に対して虚勢を張ってでも弱みを見せないのが沢村だった。それが、どこか自信がなさそうである。さる球界関係者がこう言った。

「ここまで復帰が長引いたのは、頭に当ててしまった影響で投球イップスになってしまったから。今年は阪神の藤浪も苦しんでいて、似た症状みたいです」 

 DeNA陣営も沢村の状況は把握している。ある関係者は「27日の巨人戦で阪神の藤浪が外角一辺倒で勝負していたけど、基本的には沢村もそうなるのではないか」とみている。

 この日のDeNA戦。巨人は3点リードの八回に2番手の西村が2死満塁のピンチを招き、守護神カミネロを八回から投入するはめになった。高橋由伸監督が最も信頼を寄せるマシソンは3連投中だったため登板を見送るなど、リリーフ陣は疲労困憊である。

 3連勝で4位巨人は3位DeNAに1.5差に迫った。CS圏内へ救援陣は猫の手も借りたいはずだが、沢村の「イップス」は果たして改善されているのか。内角を厳しく突けるまでに“完治”していなければ、勝利の方程式入りどころか、二軍へ逆戻りとなる。

関連記事(外部サイト)