メッセの代役期待 メンドーサは虎逆転Vの救世主なれるか

メッセの代役期待 メンドーサは虎逆転Vの救世主なれるか

阪神入りしたメンドーサ(C)共同通信社

「チームが優勝できるように貢献したい。プレーオフで投げたい」

 31日に阪神入りしたメンドーサ(33)は殊勝にこう言っていた。14年に日本ハムに入団し、4年目の今季は主に先発として20試合で3勝7敗、防御率3.97。成績はイマイチだが、15年には10勝をマークし、セと対戦する交流戦は、通算14試合に登板、3勝4敗、防御率3.46だった。故障離脱しているメッセンジャーは今季中の復帰に向けて再始動しているが、当面はメッセの“代役”としての期待を寄せられている。

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「エースの働きをするメッセンジャーほどの活躍を期待するのは酷でしょうが、先発としてきちんとゲームをつくるなど、一定の戦力になるのではないか。メンドーサは勝負球になるような特筆すべきボールを持ってはいないけれども、好投している時はツーシーム、チェンジアップ、カーブを低めに制球し、打たせて取る投球ができている。中南米のメキシコ出身で時に集中力を欠くなど、調子に波があるようにも見えるが、もしかしたらセの野球に向いているかもしれません」

 評論家のギャオス内藤氏は、「日本ハムを事実上の戦力外となり、阪神からチャンスをもらった。この時期の入団だから必然的にチャンスは限られる。わずかな登板が来季の去就を左右する。それを意識できるかどうかが成功のカギを握ると思います」と指摘する。

 首位広島とは5・5ゲーム差。逆転Vはこの男の働きにかかっている。

関連記事(外部サイト)