オーナーが意味深発言 楽天12年ぶり10連敗で梨田監督解任も

東北楽天ゴールデンイーグルス12年ぶり10連敗でオーナーが意味深発言 梨田監督解任も

記事まとめ

  • 3日のソフトバンク戦の敗戦で、楽天は球団創設の05年以来、12年ぶりの10連敗となった
  • 三木谷オーナーは「日本シリーズ出られるチャンスある。まだ議論するのは早い」と発言
  • 「日本シリーズに出られなかったら進退を議論する」とも取れ、梨田監督解任の可能性も

オーナーが意味深発言 楽天12年ぶり10連敗で梨田監督解任も

オーナーが意味深発言 楽天12年ぶり10連敗で梨田監督解任も

Aクラスでも解任の可能性が(C)日刊ゲンダイ

 エースが力尽きた。

 3日のソフトバンク戦に先発した楽天の則本(26)。八回まで3安打無失点とソフトバンク打線を手玉に取っていたが、0―0のまま迎えた九回、デスパイネにサヨナラ打を浴び、ゲームセット。則本はグラウンドに崩れ落ち、両目からは涙があふれていた。

 試合後は「勝ちたかった」と悔しさをにじませた則本。しかし、本当に泣きたいのは梨田監督だろう。この日の敗戦で、チームは球団創設の05年以来、12年ぶりの10連敗となったのだ。

 今季は開幕から快進撃を続け、前半戦を首位ターン。名将だ何だとチヤホヤされていたところに、突然の急失速で3位に転落した。指揮官自身、「(前半戦は)日程に助けられていた。そのツケは夏に必ず回ってくる」と、ある程度は過密日程による苦戦を覚悟していたが、その「ツケ」がここまで大きいとは予想だにしなかったはず。8月15日以降は1勝16敗1分けと、目を覆わんばかりの成績だ。

 さらにこの日、試合を観戦した三木谷オーナーが、

「日本シリーズに出られるチャンスがあるからね。まだ(去就を)議論するのは早い」

 と話したのだから、梨田監督もたまらない。オーナーの言葉は「日本シリーズに出られなかったら進退を議論する」とも取れる。梨田監督は今季が3年契約の2年目。にもかかわらず、Aクラスでも途中解任の可能性が出てきた。

 試合後は得意のダジャレを言う元気もなく、「何とかしないと。それしか言いようがない。打開策があれば教えてほしい」と、泣きが入った指揮官。シーズンは捨てCSに照準を合わせるしかない。

関連記事(外部サイト)