どこに消えた? 巨人先発4本柱で貯金29もチームたったの“2”

どこに消えた? 巨人先発4本柱で貯金29もチームたったの“2”

マイコラスは好投報われず(C)日刊ゲンダイ

 4位巨人が3位攻防戦を落とし、Aクラス浮上はならなかった。

 3日、0.5ゲーム差に迫った3位DeNA戦に中4日でマイルズ・マイコラス(29)が登板。試合前、DeNAの某選手が「マイコラスは直球の威力とキレと制球力が抜群。まだ一回も勝ってないんですから。ホント、何か攻略法があったら教えて欲しいくらい。はっきり言って、お手上げです」と嘆いたように、危なげない投球で7回無失点で11奪三振の好投。しかし、巨人打線が輪をかけて沈黙した。DeNAの浜口、山崎康からわずか4安打の零封負けである。

 それにしても、巨人はなぜBクラスにくすぶっているのか。この日のマイコラスをはじめとする先発3本柱は安定感抜群。ここに新人の畠が加わった「4本柱」の成績は、菅野14勝5敗、田口12勝2敗、マイコラス12勝6敗、畠5勝1敗。なんと4人で「29」もの貯金を稼ぎ出している。それなのに、チームの貯金はたったの「2」。首位広島はこの日も勝って貯金を「29」とした。

 数字だけ見れば、巨人が優勝争いに加わっていないのはおかしいことになる。差額分の貯金「27」は一体どこへ消えてしまったのか。巨人OBがこう言う。

「結論から言えば、前半戦の得点力不足が大きな要因です。ただし、その貧打を招いたのはベンチの責任が大きい。球宴直前の試合でマギーが『2番・二塁』に回ってからチーム力が上向いたでしょう。三塁か一塁という触れ込みで今年からマギーが加入したことで、前半戦は三塁が本職の村田がベンチを温めた。昨年は打率が3割を超えた村田がいない打線がいかに相手にプレッシャーを与えないか。マギーは二塁の経験もあったというから、高橋由伸監督はもっと早く手を打ってもよかった。今年も打線が課題なのは分かっていたはずで、春のキャンプから阿部、村田、マギーの3人を共存させる布陣を試しておかなければならなかった。そうすれば、悪夢の13連敗だってなかったかもしれないのです。借金11から追い上げてきたことは評価できるが、現有戦力を使いこなせないのは首脳陣の怠慢です」

 消えた貯金27は「巨人ベンチ」にあるという指摘。3位だ、クライマックスシリーズだ、と浮かれている場合ではなさそうである。

関連記事(外部サイト)