虎初登板で初黒星 メンドーサきちんと仕事も勝てないワケ

虎初登板で初黒星 メンドーサきちんと仕事も勝てないワケ

4点取られる投手なのだ(C)共同通信社

 当然の敗戦だった。

 阪神は中日に競り負け、連勝は5でストップ。首位広島とのゲーム差は再び6.5となったが、4失点の先発投手は責められない。

 日本ハムから移籍後、初登板のメンドーサ(33)は、バックに足を引っ張られながらも六回まで2失点と好投。七回に安打と四球で無死一、二塁から8番武山に中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴び、7回7安打4失点。タテジマ初黒星を喫した助っ人は、「点は取られたけど、最低限自分の役割は果たせたと思う」と言った。

 阪神はエースのメッセンジャー(36)が先月10日の巨人戦で右足腓骨を骨折。今季中の復帰は厳しいことから、代役にメンドーサを緊急補強した。この右腕は日ハム在籍中(14〜17年8月、95試合、90先発、5救援)の防御率が3.80だった。

 メッセは直近3年間の防御率は3・06。今季は故障前まで21試合で2.46だった。1試合当たり約3失点のメッセに対し、メンドーサは約4点取られる投手なのだ。それにしても、たったの2得点ではメッセが投げても勝てないぞ。

関連記事(外部サイト)