巨人唯一の野手1軍助っ人 首位打者マギーに「コーチ兼任」案

首位打者の巨人ケーシー・マギーに「コーチ兼任」案も 阿部慎之助や坂本勇人と打撃論

記事まとめ

  • 巨人のケーシー・マギーが横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎を抜いて首位打者に浮上した
  • 巨人はマギーを引き留めるため「コーチ兼任」という条件が盛り込まれる可能性の噂も
  • 巨人時代のラミレスもアドバイスを求める選手が列をなし、打撃コーチさながらだった

巨人唯一の野手1軍助っ人 首位打者マギーに「コーチ兼任」案

巨人唯一の野手1軍助っ人 首位打者マギーに「コーチ兼任」案

「ジャイアンツ愛」を語っているマギー(中)/(C)日刊ゲンダイ

 巨人のケーシー・マギー(34)が打ちまくっている。3日の試合で打率を.317とし、DeNAの宮崎を抜いて首位打者に浮上した。

 シーズン前半は主に三塁。球宴前の試合からチーム事情で二塁へ回り、打順は2番に定着した。規制の多い打順ながら、ここまで大きなスランプもなく、コツコツ安打を積み重ねている。41本の二塁打もリーグトップである。

 来日当初は期待薄だった。プロフィルでは「100キロ」だが、春のキャンプでは「楽天時代よりかなり太った感じ。明らかに110キロはある。あれじゃ動けないよ」と冷ややかな視線を送るコーチもいた。「左膝」に古傷を抱えており、「1年持たない」と指摘したのは古巣・楽天関係者。それが、持たないどころか、シーズン終盤を迎え、むしろ調子を上げているのだから、関係者もビックリだ。

 巨人にとって残留交渉は最優先事項である。来季のメジャー復帰希望をほのめかしているマイコラス、マシソンとの交渉は長引きそうだが、周囲に「ジャイアンツ愛」を語っているという一軍野手唯一の助っ人であるこのマギーは早めに引き留めたいところ。首位打者獲得なら、今季の年俸1億9300万円から、約倍増の4億円が攻防ラインとみられるが、来季の契約には、カネだけじゃない「条件」が盛り込まれる可能性がささやかれ始めているのだ。

■他の選手にレクチャーも

「ここ数年、巨人は貧打にあえいでいるのに、コーチ陣はこれを打開できないでいる。球団は幅広く人材を探しています。マギーは楽天時代から投手の特徴をメモするなどマメで、それを他の助っ人や選手にレクチャーするコーチ的な一面がある。打球方向はセンター中心で広角に打ち分けるスタイルは日本の野球にマッチするので、阿部や坂本といった主力とよく打撃論を交わしている。打撃練習中にワンポイントアドバイスというか、コツを聞きにくる選手が増えています」(球界関係者)

 巨人時代の現役晩年のラミレス(現DeNA監督)も、アドバイスを求める選手が列をなし、打撃コーチさながらになっていた。肩書がつかないまでも「コーチ兼任」となれば、年俸はその分も含め、さらにアップするのは確実。来日時、「自分の全てを巨人に捧げたい」と言ったマギーには、ウハウハのオフが待っていそうである。

関連記事(外部サイト)