8年前からメジャー夢 ロッテ涌井に手を挙げる球団はあるのか

千葉ロッテマリーンズ涌井秀章が海外FA権取得 妻の押切もえと移籍を相談か

記事まとめ

  • 千葉ロッテマリーンズの涌井秀章が海外FA権の資格取得条件を満たした
  • 昨年11月にモデルの押切もえと結婚し、涌井は「1人では決められない」とコメント
  • ジャイアンツやパドレスあたりが先発5番手として興味を示すかもしれないとの分析

8年前からメジャー夢 ロッテ涌井に手を挙げる球団はあるのか

8年前からメジャー夢 ロッテ涌井に手を挙げる球団はあるのか

今オフ涌井はメジャーへ行くのか(C)日刊ゲンダイ

 夢は実現するのか。ロッテの涌井秀章投手(31)が4日、海外FA権の資格取得条件を満たした。涌井は球団を通じ「今は独身ではないので1人では決められない。家族とよりよい人生になるように、しっかりと考えていきたいと思います」とコメントした。昨年11月にモデルの押切もえと結婚。ロッテ残留か国内移籍かそれとも海外かは、すでに2人で話し合っていることだろう。

 涌井は西武在籍時の09年9月、日刊ゲンダイに初めてメジャーへの思いを語り、話題を呼んだことがある。当時、メジャーへ行きたい気持ちがあるのか? という記者の質問にこう答えていた。

「そんなこと今まで(記者に)聞かれたことないですよ。今日初めてですよ。はっきり言えば、今行けるのであれば(メジャーに)行きたいですよ。前はそんな気持ちはなかったんですけど。やっぱり今年のWBCで投げてから、気持ちが変わりましたね。あそこ(米国)で投げて、『やってみたいな』っていう気持ちが強くなってきましたから」

 あれから8年を経て、西武からロッテにFA移籍し、モデルの妻もいる。年俸も2億5000万円まで上がった。周囲を取り巻く環境は大きく変わったが、今もメジャーへの夢を抱き続けているようだ。

 2日の日本ハム戦で11年5月以来となる完封勝利を挙げたのも、大谷を追いかけるネット裏のメジャースカウトへのアピールだったともっぱら。ならば今オフ、涌井がメジャー挑戦を表明した時、手を挙げる球団はあるのか。

 スポーツライターの友成那智氏がいう。

「抜群の制球力を有するわけではないし、160キロ近い直球や看板になる変化球もない。15%以上なら武器になるといわれる空振り率を見ても、10%を超える球種は皆無。得意といわれるスライダーの今季被打率も左打者の・232に対し右打者は・280と右の方が悪い点も気になる。今のところ米スカウトが注目している選手としては名前は挙がっていませんが、日本の投手は総じて評価が高い。立ち上がりがあまりよくないので救援では使いづらいものの、フライボールピッチャーですから、球場の広いジャイアンツやパドレス、先発がコマ不足のマリナーズあたりが、先発の5番手として興味を示すかもしれません。契約条件は1年150万ドル(約1億6300万円)ぐらいではないか」

 カネの事だけ考えたら国内で投げている方が賢明か。


関連記事(外部サイト)