U18W杯で清宮凌ぐ活躍 “2年生コンビ”藤原&小園の実力と評判

U18W杯で清宮凌ぐ活躍 “2年生コンビ”藤原&小園の実力と評判

高校通算110号の本塁打(C)共同通信社

 待望の一発が出た。

 日本時間6日未明にカナダで行われたU18野球W杯の南アフリカ戦。4番DHで出場した清宮幸太郎(早実)が四回、113キロのチェンジアップを右越えに本塁打。高校代表としての初アーチは高校通算110号となった。試合も12―0で七回コールド勝ち。清宮は「打った瞬間行ったなと思った。110って響きがいいですし、節目の1本だったと思う」と、笑顔だった。

 しかし、対戦した南アは平凡なフライを捕球し損なうなど7失策を記録する、野手も投手も日本の中学生レベル。にもかかわらず、清宮は本塁打以外は快心の当たりはなく、中村(広陵)は4タコ。安田(履正社)は2安打するも相手の拙い守備に助けられたものもあった。

 日本が誇る「ドラ1候補」の3人がなかなか調子が上がらない一方で、アピールをし続けているのが2年生の藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)である。

 藤原はこの日、スタメンから外れたものの、ここまで打率.375。小園はこの日、3安打2打点で打率はチームトップの・500になった。

 2000年生まれの「ミレニアム世代」である2人は枚方ボーイズ(大阪)出身。当時も1、2番を任され、全国制覇を成し遂げている。お互いがライバルと認め合う間柄だ。

 藤原は強豪・大阪桐蔭で1年夏から中堅レギュラー。在京球団スカウトは「走攻守すべてにおいてレベルが高い。2年生の現時点でも外野手なら高校ナンバーワン。今秋ドラフトで上位指名したいくらい」と評価する。

 スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「プロでは将来的にトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)を狙えると思う。同じ左の外野手で昨年のセ新人王・高山(阪神)の日大三時代よりも能力は頭一つ抜けている。高山は3年夏に全国制覇を成し遂げ、当時でもドラフト上位候補でしたが、内角球に課題があり、当てにいくようなスイングをする時もあった。速いスイングでインパクトが強い。体幹もしっかりしているから、どのコースの球に対してもしっかり振り切れる。中堅から逆方向に強い打球を打てるのが魅力です」

 ソフトバンクの柳田に憧れ、「トリプルスリーをとれる選手になりたい」と話す。メジャー挑戦の夢もある。

「今年のセンバツ決勝で2本塁打したように大舞台に強い。西岡(阪神)ら大阪桐蔭出身選手らしく、目立ちたがり屋で気が強い。代表選手内ではイケメンで認知されている。過去に報道陣から『えとは?』と聞かれて『おうし座です』と答えたそうですが、こうしたおちゃめな一面もあります」(マスコミ関係者)

 小園についてはどうか。

「小園はシュアな打撃に加え、遊撃手としての守備力も高い。守備位置は広島の菊池ばりに芝目まで下がる。今春センバツ1回戦、21―0で大勝した多治見戦でも同じで、この相手ならそんなに強い打球が来ないし、もっと前で守った方がいいと思ったくらい。よほど肩と守備範囲に自信があるのでしょう。実際、一歩目のスピード、低い体勢で打球に入れるボディーバランスが優れている。U18でも先輩たちに気後れすることなく、深い守備位置を貫いている。物おじしない性格もいいですね」(パ球団スカウト)

 予選ラウンド上位6チームによるスーパーラウンドは、日本時間7日に始まる。清宮たちは2年生コンビに負けてはいられない。


関連記事(外部サイト)