志願の完封勝利 武田翔太はソフトB投手陣“最後のピース”

志願の完封勝利 武田翔太はソフトB投手陣“最後のピース”

工藤監督とハイタッチ(C)日刊ゲンダイ

 ペナント終盤で頼れる右腕が戻ってきた。

 6日、ソフトバンクの先発、武田翔太(24)が完投勝利。オリックス打線に8安打を打たれながらも、要所を締めて今季初完封をマークした。

 ヒーローインタビューでは、「ここ最近5回持たないピッチングが何試合かあって、野手の皆さんやリリーフに迷惑をかけていた。今日こそは長いイニングを投げたかった」と話した武田。八回までに121球を投げていたが、九回のマウンドは志願だったことを明かした。

 武田の存在こそ、投手陣にとって“最後のピース”。この日で優勝マジックは10と、リーグ制覇は時間の問題。懸念があるとすれば、CSを含めたポストシーズンだ。

 ソフトバンクは14勝(4敗)の東浜を筆頭に、12勝の千賀(3敗)とバンデンハーク(6敗)、8月に復帰以降は13イニング無失点で今季3勝負けなしの和田と、先発は粒揃い。それでもCSファイナルステージが6戦目までもつれた場合を考えると、頼りになる先発がもう1人欲しい。実際、6戦目まで戦った10年、14年のCSでは先発5人が中4日で投げた。

 今季はWBCの影響で右肩炎症に苦しんできたが、昨季14勝を挙げた右腕が戻ってきたのなら、ソフトバンクにとっても朗報。「優勝は仕方ないが、せめてCSで……」と日本シリーズ出場を狙っていたライバル球団はため息だ。

関連記事(外部サイト)