チーム急失速で交代説 楽天次期監督に宮本慎也氏が急浮上

楽天イーグルス、前半戦首位で折返すも7月下旬から失速 次期監督に宮本慎也氏が浮上

記事まとめ

  • 楽天は、開幕から快進撃を続けて前半戦を首位で折り返したが、7月下旬から失速
  • 三木谷浩史オーナーは、すでに新監督探しを始めているとみる向きは少なくない
  • 次期監督には、野村克也氏も「監督の器」と評した元ヤクルト宮本慎也氏が浮上している

チーム急失速で交代説 楽天次期監督に宮本慎也氏が急浮上

チーム急失速で交代説 楽天次期監督に宮本慎也氏が急浮上

宮本氏は楽天からお呼びが…(C)日刊ゲンダイ

「3位と言っても内容がなぁ……」

 こうボヤくのは楽天OBだ。

 2位西武を1ゲーム差で追う楽天は、開幕から快進撃を続けて前半戦を首位で折り返した。ところが、7月下旬から失速し、8月11日のオリックス戦に負けて首位陥落。8月15日以降は2勝16敗1分けの惨状に短気な三木谷オーナー(52=写真)は「暗くなってもしょうがない」と、報道陣の前では冷静さを装ってはいるものの、前出OBがこう言う。

「楽天は2013年に初の日本一を手にしたが、その後は2年連続の最下位に沈み、梨田新監督(64)を迎えた昨年も5位。今季は西武の岸をFAで獲得し、ソフトバンクのベテラン捕手細川も取って弱体化したバッテリーをテコ入れした結果、投打が噛みあい開幕から飛び出した。7月下旬にチーム状態が悪くなるとクルーズ(巨人)の緊急補強も了承。4年ぶりの優勝を狙っていただけに、今の惨状は、はらわたが煮えくり返るほど頭にきているはずですよ」

 そこで浮上してきたのが監督交代説だ。

 三木谷オーナーは3日のソフトバンク戦を視察した際、引き分けを挟んでの10連敗を目の当たりにして「日本シリーズに出られるチャンスがあるからね。まだ(去就を)議論するのは早い」と話していた。3年契約の2年目を終える梨田監督への信頼とも、来季続投の明言を避けたとも取れる発言だが、すでに新監督探しは始まっているとみる向きは少なくない。

 あるパの関係者が言う。

「楽天は5日に都内で球団の取締役会を開いた。星野さん(仙一・球団副会長=70)は梨田監督の去就について、『議題に上らなかった。それは三木谷オーナーの専権事項』と言ったが、“球界の政治家”と呼ばれるご仁ですからね。三木谷オーナーは即断即決の人であることは百も承知。当然、ポスト梨田に向けて準備はしているはずです。候補? 星野さんの頭には、宮本の名前があるともっぱらです」

 この関係者が言う「宮本」とは、元ヤクルトの宮本慎也氏(46)だ。宮本氏は、PL学園、同志社大、プリンスホテルとアマ球界のエリートコースを歩み、ヤクルト入団後には野村克也監督(82)から「考える野球」を叩きこまれ、日本一に貢献。04年アテネ五輪では長嶋茂雄監督(81)から主将に任命され、星野副会長が監督として指揮を執った08年北京五輪でも主将としてチームをまとめた。

■野村克也氏も「監督の器」と

「人の評価が厳しいノムさん(野村克也氏)がですよ、『若い世代で監督の器を備えているのは宮本だけ』というほど買っている。星野さんも『自分を犠牲にしても人のために動けるヤツ。必ず球界のリーダーになる人材』と言ってます。宮本は、チームのためならフロント幹部にもズケズケものを言う。野村さん、星野さんとその点はソックリです。理論派で弁は立つし、ヤクルトの監督になるのは時間の問題といわれていたが、今のヤクルトには歓迎されないタイプ。三木谷オーナーもワンマンですから、遠慮がない監督は好みじゃないでしょうが、2人の間に星野さんが入れば心配ないですよ」(前出のパ関係者)

 この関係者が言うように、本来なら真中監督の退任が決まっている古巣ヤクルトの次期監督候補の1番手に名前が挙がってしかるべきだが、ヤクルト関係者は、「宮本は絶対にない」と口を揃える。ポスト真中はすでに高津二軍監督(48)の昇格案で一本化。球団首脳、幹部との折り合いが悪い宮本氏は、14年オフに小川監督が退任した際も候補にすら挙がらなかった。

 本人は監督業への意欲はある。現役時代から「監督というのは望んでなるものではなく、求められてなるもの」と言っていた。ヤクルトに愛着はあっても、こだわりはない。今年7月にヤクルト時代の弟分で盟友関係にある稲葉篤紀氏(45)が侍ジャパンの監督に就任した。参謀役として入閣も噂されたが、親しい関係者には「後方支援に徹する」と言っているという。日本代表に身分を拘束されるのを避けたのは、球団監督により強い興味を持っているからだといわれているのだ。

 三木谷オーナーがすでに星野副会長から「宮本慎也」の名を聞いていれば素行調査を始めているに違いない。

「星野が梨田監督を推薦した時も、自分の人脈から球界OBを呼び出し、『梨田とはどんな人間なのか? 監督の能力はどれほどなのか? 性格は?』と根掘り葉掘り聞いたそうですから」(某OB)

 野球界において星野副会長の評判はいろいろあれど、ひとつだけ言えるのは、三木谷オーナーに「梨田じゃダメだ」と言われてから動くような能なしではないということだ。

関連記事(外部サイト)