今季まだ23本塁打 メジャーが懸念するDeNA筒香の“懐具合”

今季まだ23本塁打 メジャーが懸念するDeNA筒香の“懐具合”

打つしかない(C)共同通信社

「もう少し本塁打が欲しいというのはある」

 DeNAの筒香嘉智(25)について、メジャー関係者がこう言う。

 近い将来、入札制度でメジャー挑戦する可能性があるといわれるハマの大砲。7日のヤクルト戦は無安打も、5日の同戦では山本の142キロの速球を右中間上段に叩き込んでいる。6月以降は打率3割以上をキープし、この日は8月度の月間MVPを受賞。徐々に調子を上げつつあるが、今季はここまで打率.287、23本塁打、83打点。昨季、打率.322、44本塁打、110打点の成績で本塁打、打点の2冠に輝いただけに、まだまだ物足りなさは否めない。

 前出の関係者は、「筒香の長所は打席での懐の深さ。しっかり懐に球を呼び込んで捉えられるところなのですが……」と、こう話す。

「今季は警戒されてなかなかストライクゾーンで勝負してくれない点はあるにせよ、とくにストレートに対応しきれず、昨年は本塁打していた球が外野フライになることが多い。これはメンタルに原因があるのではないか。打者は打ちたい打ちたいと思うほど、投手の球を見よう見ようとするもの。そのせいか筒香は体勢が若干、前のめり気味になっている。ストレートを狙って捉えたと思ってもタイミングが合わないのは、懐が浅くなっていることが原因だろう。メジャーでは体の近くまでボールを呼び込むくらいでないと、ツーシームやカッターなど動くボールに対応できないからね」

 放送関係者が言う。

「メジャーでは、ダルビッシュ、田中らが活躍する日本人投手の評価は高いが、西岡、中島ら失敗例が多い野手は今も低評価です。守備、走塁がウリではない筒香は、40発以上の本塁打を打たないと破格の条件を引き出せないでしょう」

 このヤクルト3連戦中には、ネット裏でジャイアンツ、カブスらのスカウトが熱視線を送った。筒香が日本人野手の中でトップ級の評価を受けているのは間違いないが、来るべき時に好条件を掴むには、“フトコロ具合”がカギを握りそうだ。


関連記事(外部サイト)