現役引退か続行か 巨人・阿部の「進退」は早実・清宮次第

満身創痍の読売ジャイアンツ阿部慎之助、現役引退か続行かは早実・清宮幸太郎次第?

記事まとめ

  • 巨人・阿部慎之助は5日の中日戦で自打球を当てて途中交代、6日は欠場し治療に専念した
  • 阿部は「巨人が有望なすごい若手を(ドラフトで)取ったら辞める」と漏らしているとか
  • 阿部は巨人生え抜きで川上哲治氏、長嶋茂雄氏、王貞治氏、柴田勲氏に次ぐ2千安打達成

現役引退か続行か 巨人・阿部の「進退」は早実・清宮次第

現役引退か続行か 巨人・阿部の「進退」は早実・清宮次第

右脚を痛めた阿部(C)日刊ゲンダイ

 逆転CS出場を狙う巨人の4番・阿部慎之助(38)の右足の状態が心配されている。

 5日の中日戦で右足親指に自打球を当てて途中交代。6日の試合は欠場し、ベンチにも入らずに治療に専念した。8日のヤクルト戦で復帰したものの、3打数無安打。この先も不動の4番が戦線離脱するようなら、4位巨人にとっては大きな痛手だ。

 先月13日に2000安打を達成。巨人の生え抜きでは川上、長嶋、王、柴田に次ぐ5人目の快挙だった。阿部は「それで辞めるのを考えるのもなんだし……。通過点にしたいけど、井口さんが43歳になる年までやったから、次の目標にしようかな」と話していたが、「燃え尽き症候群じゃないけど、記録を達成した後も気持ちを保ちながら成績を残し続けるのは、確かに難しいところはあります」と1983年に西武で2000安打を達成し、翌84年に引退した評論家の山崎裕之氏がこう続ける。

「私は達成後も通過点と思ってプレーしていたが、翌年はオープン戦から調子が悪く、開幕戦の打順が9番だったのがショックでね。それからは2打席で交代させられたりして気持ちが切れてしまった。同じような境遇だった同僚の田淵(幸一)と6月に『2人で辞めようか』と話したのを覚えています。ただ、阿部の場合は4番。必要とされているうちは、あちこち痛くてもやるべきです。そのうち自分のプレーが許せなくなる日がくる。その時が辞め時。長年補強に頼ってきた巨人は、主砲を任せられる彼の後継者が育っていません。阿部は辞めたくても辞められないのが実際のところでしょう」

■有望なすごい若手を取ったら……

 確かに満身創痍だ。自打球の右足だけではない。長年の捕手生活で慢性的な痛みを抱える首など、体はボロボロ。次に大きな故障でもしようものなら、「引退」の2文字が頭をよぎっても不思議ではない。激務の捕手はすでに廃業し、一塁に専念しているものの、いまだに4番として勝敗を背負わされる立場は変わらない。若手が突き上げてこないことに強い危機感を感じているのは、他ならぬ阿部自身なのだ。いつまでオレに頼っているんだ、との思いもある。阿部は「こんなにゆとり世代がいっぱいで大丈夫か。今は心配で辞められない」と言い、「でも巨人が有望なすごい若手を(ドラフトで)取ったら辞めます」とも漏らしている。

 その「有望なすごい若手」とは、今秋のドラフトで巨人が1位候補に挙げている早実の清宮幸太郎(3年)を意識しての発言なのは明らかだ。ただし、清宮はプロか大学か、はっきりさせていない。現在、カナダでU18W杯を戦っているが、日本時間7日の練習後に地元ラジオ局のリポーターから進路について聞かれ、「まだ決まっていない。大学かプロになる」と答えている。進路表明は、W杯終了後とみられる。

「阿部の発言は、清宮がプロ入りを表明した上で、巨人がドラフトの抽選で当たったら、という限定的な話。同じ一塁手で左の大砲。自身の後継者としてはピッタリで、引退を考える契機にはなるだろうが、早大進学を選択したらどうなるのか。阿部はあと4年も巨人打線を引っぱり続けないといけないかもしれないのです」(球界関係者)

 それくらい、後継者不在は巨人の深刻な問題となっているのである。

関連記事(外部サイト)