巨人・岡本 今さらの一軍昇格は強化指定かけた“期末テスト”

巨人・岡本 今さらの一軍昇格は強化指定かけた“期末テスト”

六回に二飛に倒れる(C)日刊ゲンダイ

 巨人の岡本和真(21)が8日、4月以来となる一軍昇格を果たした。

 この日、まずはジャイアンツ球場で二軍のDeNA戦に「4番・左翼」で先発。初回に左中間へ先制二塁打を放つと、一軍のナイターに合流するため、代走・立岡と交代。慌ただしく東京ドームへ向かった。

 一軍のヤクルト戦は「7番・左翼」で出場。3打数無安打で高橋由伸監督にアピールできず、七回の守備からベンチに退いた。 

 高卒3年目の今季、開幕一軍スタートを勝ち取ったものの、12試合で打率.227、2打点、0本塁打。4月21日に二軍落ちとなった。二軍戦では8日現在、85試合に出場し、打率.267、41打点、7本塁打。後半戦から指揮を執る内田二軍監督に4番に固定され、英才教育を受けているが、昨季は二軍で.261、18本塁打だったから、期待される一発の数は減っている。

 岡本と同じドラフト1位で入団した巨人の高卒野手の先輩でいえば、レギュラーに「定着」した坂本と「脱落」した大田(現日本ハム)がいる。岡本がどちらになるのか。この日の一軍昇格は、首脳陣が見極めるためのテストともっぱらだ。

「この3年間は『特別強化指定選手』だったが、これからもキャンプから優先的に出場機会をもらえるか、首脳陣に判断される場。もし『落第』の烙印が押されれば、特別扱いはもうなくなる。場合によっては、内田監督の方針だった二軍の4番だって剥奪されるかもしれない。逆に『合格』なら、ドラフトで大砲の清宮じゃなく、捕手や投手を1位で指名する選択肢も広がってきます」(チーム関係者)

 残り20試合での昇格は、今秋のドラフト戦略にも影響が出るかもしれない和製大砲候補の「期末試験」のようだ。


関連記事(外部サイト)